安田と徳永が喫茶店で話している。

安田の

まさかトクがナッツの運命を変えようとはな・・

の言葉で、徳永は夏之介と出会った頃を思い出す。


スポンサーリンク


それは夏之介がまだ高校1年生だった頃。
(グラゼニ3巻)

地元の英雄、徳永と会った夏之介少年は

徳永に好きな球団を聞かれて

” 文京モップス ”

と答える。

徳永がスパイダースの選手だという事はもちろん知っているだろう。

お世辞を言わない夏之介に、

プロ向きのいい根性している、と感じる徳永。

 

この時の徳永はプロ入り3年目のシーズンを終えたところ。

3年で27勝(3×9)。

来年は自分自身も、周囲も二けたを期待している。

しかし!

4年目のシーズン、徳永は先輩ローテに入れなかった。

まだ26歳。

落ちるには早いが・・

新戦力の加入やちょっとした不調でローテの枠からはじきだされてしまった。

リリーフに回された徳永は、おもにブルペンが仕事場になってしまった。

アマチュアを含めてほとんどリリーフをやったことがない徳永にとって、これは挫折だった。

そんなとき夏之介が肩を痛めてエースからリリーフになったことを風の便りに聞いた。

プロに行く素材だと思っていたが、難しくなったか。

ある試合で・・・

徳永は出番に備えてブルペンで投げていた。

その時、場内アナウンスで、鶴見川高校の生徒が紹介される。

オーロラビジョンに映っている。
(グラゼニ14巻のエピソード)

夏之介が来ているのかなと気になる徳永。

 

試合が終わって・・・

徳永は球場を引き上げる。

今日も出番なし。

ズキッ

肩に突然痛みが走る。

 

翌日、マネージャーの羽田と一緒に医者にいくと・・

しばらく肩を休ませた方がいいと診断された。

一軍登録抹消・・・

落ち込む徳永。

羽田と一緒に病院を出ると・・

そこはグランドで、高校生が野球の練習試合をしている。

ユニフォームをみると、鶴見川高校!

立ち止まって試合を見る二人。

徳永は夏之介を探すが、投げていない。

すると外周を走っていた夏之介と遭遇。

徳永が、何で走っているのか聞くと、

東京遠征3試合で出番なしだという。

徳永は、怪我のせいで試合に出られないと理解した。

 

徳永は羽田に夏之介を紹介する。

「コイツ、来年のドラフトの目玉になりますから、

覚えておいた方がいいですよ。

ボンダってゆーんです。」


スポンサーリンク


夏之介は徳永の言葉にちょっと面食らった様子。

しかし去り際、徳永に好きな球団を聞かれるとやっぱり

” 文京モップス ”と不敵な笑みを浮かべながら答える。

羽田も夏之介に興味を持った様子。

その後羽田はスカウト部長に昇進。

当然夏之介はリストアップされている。

安田が羽田の耳元で囁く、

「ナッツ絶対行きたい。」

 

徳永が気に掛けているという事で羽田も夏之介に注目している。

「3年の夏までにどこまで成長してくれるか?」

安田は

徳永の人を見る目は確かだという。

羽田もそれには同意する。

特に野球眼がいい。

将来は球界に残る人材かもしれない。

今は人生初の挫折を味わっているが・・・

羽田
「これをバネにまた先発に復帰してくれることを期待する。」

しかし徳永の怪我は長引く。

その年、さらに翌年に入っても2軍生活を余儀なくされた。

羽田はそんな徳永を励まし続けた。

「凡田を指名する。

コーハイに抜かれるな、センパイ!」

シーズン後半、徳永は1軍に復帰する。

ところがその時、高校3年の夏之介は評価を落としていた。

安田は夏之介に直接会って指名する気がないと伝えた。

 

徳永は羽田と会った時に、

夏之介を指名しないことを確認する。

答えない羽田。

徳永
「おれ・・・

山梨の後輩に負けるなってハッパかけられてたのに、

ちょっとさみしーっス。」

このとき羽田は徳永の妙に落胆した顔が気になる。

(おれはナッツのことよりもなぜか、トクに心を揺すられている・・!)

羽田は”人材”としての徳永に興味を持っていたのだった。

” トクの励みになる選手を獲っとくいうのもアリか??”

と考える羽田。

あの時の夏之介の顔が思い浮かんでいると、徳永に伝える。

好きな球団は文京モップスと答えた時の、あの不敵な笑み。

「あのふてぶてしさが、無性に気になって来た。

やっぱ指名のリストに復活させてみたくなった。」

——142話ここまで。

グラゼニ 東京ドーム編 143話に続く

〇感想

スカウトも奥が深い。

体力や技術的な面だけでなく、メンタル面もかなり重視されるんですね。

夏之介、ふてぶてしくてよかった・・

 

徳永と夏之介の関係性・・・

面白いですね。

しかもこれは夏之介の知らない所でしょうし・・

徳永も自分の人材としての評価が、夏之介の指名リスト復活をもたらしたとは思っていないでしょう。


スポンサーリンク