—-

山小屋の中に残されていたのは・・?

—-

小屋の中には大小の靴跡。

そして嘔吐物。まだ新しい。

 


スポンサーリンク


 

心の頭を青酸カリが過る。

心は小屋の回りを見て回る。

その間、佐野は小屋の中にS字のキーホルダーを見つける。

鈴と明音の刻印が入っている。

青ざめる佐野。

外に出た心の前に金丸が立ちふさがる。

金丸
「ここで何している?」

金丸は中の佐野にも手に持っているキーホルダーを置くように指示。

金丸は応援を呼び、鑑識もすぐに駆け付けると話す。

そして心には任意同行を求める。

拒否する心。

金丸が心の肩を掴み、心がそれを振り払う。

すると金丸はワザとらしく後ろにコケて

「逮捕だ。公務執行妨害。」

金丸は心に手錠をかける。

そして神社の境内。

蓋の空いた青酸カリの瓶の横に長谷川翼と明音ちゃんが倒れている。


スポンサーリンク


——25話ここまで。

テセウスの船 26話に続く

〇感想

長谷川と明音ちゃんはしんでいると考えていいのかな。

ページ横のアオリに物言わぬ亡骸と書いてあったし。

青酸カリの瓶のふたは空いていたし。

長谷川が目を開けたまま明音ちゃんの頭を抱えているからあまり亡骸の感じがしない・・

まだ二人の上に雪はそれほど積もっていないから命を絶って間がないのかな。

長谷川がこんな形でしぬのは本当に誤算。

未来を知っている感じでもあったし、最後まで関わってくると思ってました。

もしかして打ち切り?

それだけはやめて欲しい。

この漫画は楽しみにしているので、ちゃんと描いてほしい・・・
 

心はどうなるのでしょうか。

逮捕されるとホントにややこしい。

もう完全にノートに書いてある過去と違ってきています。

現在だとDNA鑑定などで佐野の息子という事は証明できますが・・

いろいろ心配しながら再来週を待ちます。


スポンサーリンク