冒頭、舞台は大坂夏の陣。

豊臣方として参戦しているキリシタン大名のジョアンは

家康本陣への突入を狙っていた。

 


スポンサーリンク


 

しかし、天王寺口で真田軍壊滅の知らせを聞くと、徳川軍の包囲網を突破して戦線を離脱することを決意。

生き延びて神の国をつくるために・・・

逃げる途中、次々と苦楽を共にした家臣たちが討ち取られていく。

しかしジョアンは涙を流しながら自らが逃げることに全力を注ぐ。

「デウス様によろしくな。

おれもすぐそっちに逝くからよ。」

蜩七弦と涙(るい)は景観の美しい渓谷にいた。

七弦は、この美しい場所で成尋衆と戦えることを喜んでいる。

しかし、相方が涙ということには不満がある様子。

 

涙は木陰に隠れて怯えている。

七弦が歩いて浅瀬を渡ると涙もついていく。

しかしどんくさい涙は転んでしまう。

 

川の中で半泣きの涙を見ても七弦は、手を貸さない。

自分の身は自分で守れと冷たい。

戦が始まれば面倒を見ている暇はない。

しかし・・

「おまえの体質ならばそんな心配は不要か。」

 

涙が涙をこぼしながら川を上がると、川面には魚が腹を向けて浮かび上がる。

 

七弦と涙が川沿いを歩いていると、何者かの気配を感じる。

七弦が放っておいた鳥や虫たちの様子がおかしい。

この気配は‥人間ではない!

上空から二頭の獣が襲い掛かる!

羽がついていて、地獄の使者のような猛獣。


スポンサーリンク


二頭とも七弦めがけて攻撃をするが、七弦は間一髪でかわす。

 

「ホッ よくぞ此奴らの一撃をかわした。

結構結構。」

と、滝をバックに現れたのは、

魔獣使い・涅哩底王(ねいりちおう)

七弦
「残念ながら俺は6年前の連中のようにはいかんぞ・・」

涅哩底王
「ホッ 面白い!

ならば・・・

貴様がどれほどのものか試してやるわい。

ワシが相手するのはそれからじゃなあ。」

——18話ここまで。

バジリスク桜花忍法帖 19話に続く

アニメ・バジリスク桜花忍法帖配信中!!

バジリスク甲賀忍法帖も見れる!!

31日間は無料だからまだの人は試してみて。

U-NEXT

 
 

 

〇感想

冒頭のジョアン(明石全登)の話は今後どう絡んでくるのでしょうか。

涙か七弦と関係あるのかな。

 

涙の体質って何でしょう。

涙が猛毒なのかな。

泣けば泣くほど強くなるとか?

ハットリくんの弟のシンちゃんみたいに?
(シンちゃんは泣き声が破壊音波)

ちょっと楽しい体質。

 

七弦は動物・昆虫(生き物全般?)使いみたい。

他にもあるのでしょうけど。

それが何かはお楽しみですね。

 


スポンサーリンク