NASA。

地球帰還に向けて、オクトパスとライブラのステータスをモニターする。

すると、月離脱ステージ ”ライブラ” の8本あるタンクのうちのNO.3タンクに圧力が下がっているとの警告表示が出た。

 


スポンサーリンク


 

早速ビンスがエディに連絡する。

エディは今日の作業スケジュールを変更。

ムッタとフィリップが天文台へ。

アンディとエディは基地に残り、

カルロとベティがライブラを点検しに行く。

 

エディはムッタに追加の食糧を渡す。

今日は長丁場になる。

カルロとベティがライブラのチェックを終え次第天文台に合流する段取りになっている。

4人体制で天文台を終わらせる。

ムッタはシャロンに貰ったスニーカーを揃えて

「行ってきます。」の挨拶。

 

ムッタとフィリップはビートルで、

カルロとベティはバギーでそれぞれ目的地へ向かう。

 

カルロとベティは影地帯に入った。

見上げると、星空が美しい。

ベティは、月で見る星空の美しさを息子クリスに伝えたい。

だが難しい。

どう説明していいのか・・・

カルロなら溢れ出すフィーリングを思いつくままに全部言葉にする、という。

”果てしなく続く深いミスティックブラックの声に・・・・・”

相変わらず長い。

重ねすぎて全く入ってこない。

雑誌の取材では受けがいいそうだが、相手はクリス。

奇麗な言葉並べたって気持ちが入ってなきゃ伝わらない。

 

斜面を登って日向に出た。

ライブラはもうすぐ。

天文台チーム。

到着して作業開始。

カルロとベティも現場に着いた。


スポンサーリンク


カルロがタンクの上に上り、パソコンを広げる。

「さあ・・診断の時間だ。」

 

ベティは外観のチェック。

下から3番タンクを見ても、とくに外観は問題なし。

 

カルロがタンク圧をチェックする。

やっぱり3番が圧が下がっている。

着地の時大きく傾いたのが原因か?

岩にでもぶつかったのか?

しかし外観に異常はないし・・

 

ビンスから、他のタンクとつないで3番タンクの圧を上げてみるよう指示が出る。

カルロは、バルブ設定から操作して圧を上げる。

 

ベティは上に上り、タンクに張り付くように外観を確認する。

すると、上のほうに筋のようなものが見える。

そのことをカルロに報告。

近寄って見ると、その筋は亀裂となり、ふくらんできた。

次の瞬間

 

ドン!

 

亀裂からタンク破裂!

ベティは吹き飛ばされた!!

——308話ここまで。

宇宙兄弟 309話に続く

〇感想

なんちゅうこと!

ヤバイ!

爆発の圧がもろにベティに直撃した模様!

直前の”星の様子を息子に伝えたい”の件とかからして・・・

ベティが大怪我とか?

それとももしかして・・・?

 

流れが悪かった!

下から見たら外観は問題ない

でも3番の圧は下がっている。

圧を上げてみる。

ベティが上部に筋のようなものを発見

ベティが近寄って確認

そこからタンク破裂

ですもんね・・・

う~ん・・・

カルロの作業ミスと言えなくもないような・・

圧を上げたことはベティに伝えないと・・

帰還のスケジュールがどうなるかも心配ですが、

ベティが無事であってほしい!


スポンサーリンク