歌仙は恭一のメールをチェックしているときに、

”金曜の19時なっても延人が見つからない場合、

鳥栖哲雄が延人をころして海に沈めた、と自白したことにして消す。”

という内容のメールを発見。

 


スポンサーリンク


 

早速この内容を鳥栖にメールする。

そして自分は次の仕掛けに移る。

 

一方鳥栖は恭一の運転する車の中。

恭一が近くにいる時はメールを確認できない。

 

そして鳥栖が連れてこられたのは、零花のマンション。

中に入って色々調べ始める恭一。

当然鳥栖は気が気ではない。

あれから1週間。

後始末は完璧ではない。

何か見つかるかもしれない・・・

すると恭一は電話をかける。

何かを買ってきてくれるように頼んでいる。

次なる仕掛けのために恭一の住まいに向かう歌仙。

恭一のフルネームは間島(まじま)恭一。


スポンサーリンク


調べた住所の場所には”間島”と表札が出ている一軒家が立っている。

実家なのだろうか。

中に誰か人がいるか確認しなくてはならない。

チャイムを押してみる。

返事はなし。

もう一度押そうかとしたその時

「うちに何か御用でしょうか?」

後ろから女性が声をかけてきた。

恭一の母親だろうか。

随分疲れた顔をしている。

歌仙はちょっとした顔見知りを装うが、あえなく断念。

以前通販で買い物をした際、付属していた懸賞で旅行が当たったという事にした。

それで当選のインタビューをお願いするという事で中に入れてもらう。

零花のマンション。

依然恭一があちこちを調べている。

鳥栖
「娘が怒るのであまり動かさないでくださいねー・・」

返事なし。

不安な鳥栖は時間が長く感じる。

今のこの時間も、この1週間も。

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク