冒頭、回想から。

清水との試合直前。

選手たちはETUの練習グランドで練習中。

東京ダービーを制して、皆気合が入っている。

ピィッ

達海が笛を吹いて皆を集める。

達海、全然ダメだという。

気合を入れて練習をしていただけにショックを受ける選手たち。

達海、思っていた以上にダービーのダメージがデカいなー、と言う。


スポンサーリンク


選手を入れ替えてみる。

ジーノと堀田、ガブと熊田、ガブは1列前に。

黒田と亀井も交代。

黒田は黙っていない。

次戦は2位清水との上位対決。

大事な試合だ。

しかし達海は大事な試合だからこそだという。

シーズン終盤。

ケガや疲労でコンディションの上がらないものは下げて、Bチームでいいプレーをしているものを上げていく。

それは当然だと。

渋々引き下がる黒田。

達海は亀井に声をかける。

大阪戦でいいプレーを見せていた亀井。

期待していると。

しかも今度の相手は、以前PKやらかした清水。

達海
「心のどっかにモヤっとしたもんが残ってんなら、次でドカッと精算して来い。」

亀井「ハイッ」

そして今回の亀井のゴール!

喜びを爆発させる亀井。

サポーターも大盛り上がり!

チームメイトも駆け寄って手荒い祝福!!

夏木は亀井にヘッドロックをして
「このままクロさんをベンチへ追いやるつもりか!」

亀井はヘッドロックを外すと、達海の元へ走り出す。

自分のことをちゃんと見てくれてる達海さんが言うなら、やれる気がしていた!!

達海に飛びつく亀井。

達海もしっかり受け止める。

それを遠くから見ている蛯名監督。

審判に抗議する。

さっきからジャッジが偏っていると叫んでいる。

審判が蛯名の元に来て話をする。

スタンドの奥の方で後藤と笠野が話している。

後藤は

良い時間に決まった。

これでいい雰囲気でハーフタイムに入れる。

何よりBチームの亀井のゴールと言うのがいい。

最後までクラブ全体で戦うんだという、指揮官達海の意思を反映したゴール。


スポンサーリンク


と言う。

それに対して笠野は

確かにそうだが、上手くいっているときは何とでも言える。

清水も、生え抜きの選手を多く使ってここまで戦ってきた。

理想を貫いて結果を出しているのは蛯名も一緒。

「本当に真価が問われんのは・・・
物事が難しくなった時の振る舞い方だぜ。」

笛が鳴って前半終了。

ETU1点リードで折り返し。

いい雰囲気でハーフタイムに入れたETU。

記者藤澤の思考。

難しいゲームを先制してみせた見事な前半だった。

だが・・・

清水にも隙は無かった。

最大の脅威である夏木にシュートチャンスを与えなかったし、

注目の日本代表、椿にはドイスボランチがしっかり対応して仕事をさせなかった。

若いチームだが、試合ごとに狙いを絞って戦っている。

油断はならない・・・

清水の控室。

蛯名監督はドカッと椅子に腰を下ろして話し出す。

悪くない前半だった。

悔やまれるのは失点したセットプレーの場面と、攻撃の精度。

いつもと布陣を変えたのがやりづらくしているのか。

フォワードの日本代表、浦田が答える。

「いつも同じ戦い方しかできないのではこの先行き詰まりますよね。」

監督は、納得の表情。

確かにこの戦い方で負けたら戦い方がブレたと、批判される。

しかしチームは常に高みを目指して努力している。

そこが緩まなければブレでも何でもない。

勝てば戦い方に幅が出たと称賛される。

監督
「どうせならその評価を手に入れて来い。」

気持ちが定まった表情の選手たち。

両チームの選手がピッチに出てきた。

浦田が椿に宣戦布告。

「見てろよ、後半絶対巻き返す。」

椿と浦田は代表の中盤で被っている。

ポジション争いの意味でも絶対椿には負けないと宣言する浦田。

——452話ここまで。

ジャイアントキリング 453話に続く

〇感想

前半はBチームの活躍が目立ったETU。

後半は夏木、椿と言った主力選手が中心になるのでしょうか。

椿の活躍が楽しみです。

ジーノも出て来るかな。


スポンサーリンク