前回速水から

もう会わない方がいいね

と言われたハマジ。

ショックのあまり38度の熱が出て、翌日学校を休んでしまう。

 


スポンサーリンク


 

 

放課後の部活。

今日はトレーニングルーム。

 

ハマジが休んでいることに気づいた篠崎は早速萩原に

「これは心配ですね!

いっそお見舞いに行っちゃったらどーっすか?」

と目を輝かせて言う。

 

はぐらかす萩原に

篠崎
「ハマジのヤツ先輩が顔見せたら絶対喜びますよ!」

と煽る。

 

それでもなかなか萩原は乗ってこない・・・

素直じゃない萩原にヤキモキする篠崎。

 

 

そのころハマジは・・

熱は37度まで下がった!

 

もう体は楽だが、さすがに部活する気にもなれない。

ぶらりと散歩に出かける。


スポンサーリンク


 

ベンチに腰掛けてジュースを飲んでいると、また昨日の事が蘇ってくる。

せめて誰かに話を聞いてもらいたい。

するとその時頭に浮かんだのは中島や堀口たち。

こいつらに話したらどんなことになるか・・

想像しただけで背筋が寒くなったハマジ。

 

そんなハマジに

「あー、ハマジ!

あんた今日休みじゃないの!?」

と声をかけてきたのは篠崎。

 

今日は陸トレのみで速く終わったという。

 

普段ハマジにとって篠崎は鬱陶しい存在でしかないが、

今日はたまたま話を聞いてくれる人を探していた!

「篠崎・・俺の話を聞いてくれっ!!」

 

これだけで篠崎は

「篠崎先輩の話!?

わかった、速水ちゃんでしょ!!」

と詰め寄る。

 

恐ろしいほど勘のいい女だ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク