ベティを乗せて運転中のカルロが久城に通信。

自らのフェイスモニターにベティのバイタルを送ってくれと言っている。

しかし基地に着くまでに事故があってはならない。

久城はカルロに運転に集中するように言う。

 


スポンサーリンク


 

 

呼吸が荒く、苦しそうなベティ。

満天の星空を見上げる。

星空を見ていると痛みが和らぐのだろうか。

 

ベティは最期を覚悟している。

しっかり見ておかないと、この星空をクリスに何て伝えればいいのか、見つかっていない。

天文台で作業中のムッタとフィリップ。

ベティの事故のことは知らされていない。

 

ムッタはドリルで穴を掘っている。

土が硬くてドリルがなかなか入っていかない。

腕がもたないと、弱音を吐く。

するとブギーがモニターにベティの顔を映し出して


スポンサーリンク


「文句と弱音がウルサイワ。

今度言ッタラ アンタヲ土に埋メルワヨ。」

 

しかも高さを出して、ベティと同じくらいの背丈になって言っている。

この見やすさが気に入った様子のムッタ。

今度はせりかさんの顔で・・とリクエストしている。

 

その後作業は順調に進み、今日明日中には終われそう。

いやがうえにもムッタの中で興奮が高まる。

いままでの全部はこの天文台のためのものだった・・・

 

ムッタ(終わらせるぞ。)

 

NASA。

ハガードが他のスタッフとタンク破裂の瞬間の映像を見ている。

ベティが ” タンクに何か筋が見える。 ”

と言っている。

オクトパスは着地の時に横転した。

その時についた傷か。

 

3番タンクの圧を上げたことで、一気に亀裂部分がはじけ飛んだ・・・

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク