—-

凡田夏之介、未知の領域でまだまだ稼ぎ抜く!

—-

” 凡田FA宣言 ”

新聞の見出しに大きく載った!


スポンサーリンク


それを見て千太郎も、鳥海も、椎名もそれぞれの思いを抱く。

神宮スパイダースの羽田編成部長は

「よし!夏之介よーやった!」

さっそくダーティ桜塚に電話!

物理的に真っ先にTELするのも大事!

安田が桜塚の事務所に電話する。

すると、事務員が出た。

桜塚は・・・

携帯にかかって来た他の電話に出ていた。

羽田
「どこか・・

他の球団がもうかけてきているのかな?」

北海道。

球団としては、河内を獲りにいくと決まった。

そのことを伝えられた則川。

自分と交換トレードだった河内が戻ってくる・・・

ちょっとヘンな感じ。

しかし自分はチーム編成に口を挟める立場ではない。

凡田もFA宣言したのに残念だが・・・

じゃあせめてパリーグに来てほしい。

則川は空を見上げて
「来年は俺とパリーグの最多勝争いしよーぜ、」

仙台ゴールデンカップス。

編成が電話の受話器を置いた。


スポンサーリンク


「ウチが・・・イチバンだったみたいな感じはしました。」

向井新監督「そう・・・」

果たして他にも手を上げるところはあるのか?

 

旧監督の早乙女、向井と編成部長が話している。

編成部長も凡田を獲りたいという思いは向井と一緒。

しかし、争奪戦となっても ” 駆け引き ”はしないという。

これには向井も同意する。

正々堂々といきたい。

凡田に提示する条件は・・・

 

3年総額4.5億!

 

単年にすると1.5億。

年俸1.5億を向こう3年間保証する。

年俸1.5億は9勝8敗の投手には高い。

だが、それがFAというもの。

どこも手を上げなければその選手は0。

それがFA宣言することのリスク。

だが、1球団でも手を上げたらこうなる。

早乙女
「これがプロ野球経済学。」

紆余曲折ある長い道のりをボロボロになりながら・・・

這いつくばりながら歩み・・

やっとたどり着いた場所には・・

麻雀に例えると、

ドラが待っていて、

裏ドラもついて・・

三倍満あがった感じ。

向井
「グラウンドにゃ銭が落ちている!」

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク