恭一の部屋の前まで来た鳥栖。

サムターン回しに挑戦だ!

 


スポンサーリンク


サムターン回しとは・・

外から玄関の鍵(サムターン)を回して解錠する方法。

郵便受け、扉の隙間、もしくは扉の一部を破壊して器具を挿しこみ、サムターンに引っ掛けて回す。

鳥栖の場合は、証拠セットを仕掛ける必要があるので侵入の形跡は残せない。

 

まず、扉の内側の様子を知らなくてはならない。

不動産の物件情報の写真からサムターンの位置を特定。

ドアの隙間から器具を挿しこむ。

なんとか向こう側へ抜けた。

器具を折り曲げて回して・・・

器具がドアの内側に引っ付いた!

サムターンの位置まで下ろす。

 

と、そこでエレベーターが止まった。

恭一が降りてきたら最悪だ。

急いで器具を引き抜く。

降りてきたのは・・・

違う住人(若い男)

こんばんはーと挨拶をしてやり過ごす。

 

時間がないのですぐに再開。

恭一が零花のマンションに戻るまでに戻れなければアウト。

現在地から零花のマンションまでは30分弱かかる。


スポンサーリンク


恭一が零花との待ち合わせ場所から戻るのにかかる時間は・・・

などと考えていると、自宅から電話が入った。

歌仙から。

状況を聞く。

歌仙は上手く零花を連れ戻してくれたとのこと。

ほっとする鳥栖。

涙が出てくる。

ここで電話口に零花が出る。

怪我で会社休んでるのにどこにいるのかと聞いてくる。

鳥栖は悠長に話している時間はない。

週末に休むと言って、電話を切る。

 

鳥栖は決意を新たにする。

週末を家族3人で無事迎えられるように・・・

 

サムターン回し再開。

しかし鳥栖は気づいていないが・・

実は恭一はサムターンにサムターン回し防止カバーをつけていた!

いくらやっても開かない。

鳥栖は諦めて他の方法を探す。

 

家宅侵入は密室ミステリーのセオリー。

物理的に侵入方法を考えるには・・・

初めに建物特有の形状を調べる。

まずは間取り。

それはさっき不動産情報で見た。

そして恭一の部屋は10階建ての9階。

考えられるとしたら・・・

屋上から侵入!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク