種部は陽菜に結婚を前提に付き合ってほしいと言う。

種部は続ける。

・デートを重ねて、自分に必要な人だと実感した。

・礼儀正しく、美しく、控え目で・・

「僕が幸せにするに値する女性だと。」

 


スポンサーリンク


陽菜は礼を言う。

そして

「ちょっと考えさせていただけませんでしょうか?」

心の準備できていなかったのでびっくりしてしまった。

 

驚く種部。

来てくれたことがOKサインかと思っていた・・

「よくよく考えておいてください。」

仕事中の陽菜。

フツーに仕事しているが、やや元気がない。

接客時の声にハリがないというか・・・

 

陽菜と同僚がランチ中。

同僚が陽菜を心配する。

何かあった?

 

陽菜は結婚を前提に付き合ってほしいと言われたことを話す。

前に言ってた人。

一流企業に勤めていてイケメン。

その人から実質プロポーズ。


スポンサーリンク


だけど・・・

まだちょっとそういう気には・・

いい人なのだけど・・

でもずっと一緒にいたいとは思えない。

他に結婚できる人がいるわけではないが、踏み込めない。

 

同僚のアドバイス。

・人を見る時、注意すべき点がある。

・それは、思い通りにならない時。

・その人が、自分の主張が通らない時にどうする人なのか。

・冷静に対策を練る人なのか。

・他に当たり散らす人なのか。

・サッと引く人なのか。

・不機嫌な態度で人をコントロールしようとする人なのか。

種部と食事する陽菜。

今日返事をしなければならない。

 

冒頭、いきなりヒナにモチーフをプレゼントする種部。

陽菜は、もらう理由がないと断ろうとするが、

種部は半ば強引に渡す。

種部
「それで、今日は聞かせていただけるんですよね?

この間の返事。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク