狩野のホームラン予告!

宮田はガクガクブルブル震えだす。

「10年も優勝してへんカスが・・・

なめた真似しくさって・・・」

 


スポンサーリンク


 

狩野はさらに音無を煽る。

デジャヴゆーやっちゃで!!

お前は30秒後、人生二度目の予告本塁打を喰らう事になる!!

 

音無は何故かポッとほほが赤らむ。

 
”二度目” という件に関して

音無とシニアのチームメイトだった都築がマリオに解説する。

中学時代のG杯(ジャイアンツカップ)決勝・・・

天王寺(狩野がいた)VS 調不シニア(音無達がいた)

調不の1点リードで迎えた9回表。

ツーアウト1塁で狩野がまさかの本塁打予告。

結果、打球は東京ドームの右中間中断に突き刺さる特大2ラン。

それが決勝点になって天王寺が優勝。

その時の調不のエースが音無。

マリオ
「漫画になりそうな因縁やな。」


スポンサーリンク


現在ツーアウト三塁。

宮田は長打を警戒して、外野深めを指示。

内野に対してもファーストとセカンドは深めの守備位置を指示する。

宮田、完全に頭に血が上っている。

ゴロが来たら絶対止めろ。

三塁ランナー返すな。

「あの男の思い通りにさせたらアカン!!」

 

三塁ランナーはルイージ。

パスボールにも備えるようランコーから指示が入る。

 

ルイージは考える。

予告もあって、全体が長打警戒の深めの守備。

セカンドは外野の芝生にまで下がっている。

ツーアウトだからサードはベースを離れて定位置。

狩野の顔を見ると、ニヤけている。

 

宮田は恐怖に取りつかれている。

夏連覇がかかっている。

この試合で負けたらトラウマになる。

 

音無、狩野を見るとG杯の予告ホームランを思い出してしまう。

カッと目を見開き、投げた!

ボールが手を離れる瞬間に、ひょいっと抜いた。

 

 

 

次ページへ


スポンサーリンク