龍之介が父親の家の玄関をノックした。

しかし・・

出てこない。

 


スポンサーリンク


 

物音もしない。

平日の昼間。

仕事か?

 

すると・・・

 

カチャ・・

 

鍵を開ける音。

戸が少しだけ開いた。

 

ついに義之介さんが姿を現した。

真っ白な髭と髪が伸び放題。

 

龍之介が挨拶をする。

「ご無沙汰してます。

龍之介です・・」

 

義之介は無言。

 

ゆずと小春が挨拶するも、やはり無言。


スポンサーリンク


龍の父親と和気あいあいのシーンを想定していた小春。

当てが外れてがっかり。

 

小春
(意志の疎通も取れねえ・・・)

 


「相変わらずダンマリですか・・

それとも耳が遠くなりました?」

 

闘志が出ちゃってる。

小春が焦る。

 

ここはゆずの出番。

麟の紹介をする。

3月生まれで、名は麟之介。

龍之介と義之介から取った。

 

すると義之介は麟をチラッと見て、歩き出した。

皆にもついて来いとジェスチャーで示す。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク