プロポーズを陽菜に断られた種部。

愛する人を、そんな簡単に忘れられる訳ないでしょう。

と、呟いた・・・

 


スポンサーリンク


 

種部の職場。

種部は今日も定時退社。

ここのところすっと帰るのが早いという。

種部が帰った後、同僚の一人が

「前にもこういう事があった。」

という。

前の彼女と付き合っていた時。

結構入れあげるタイプらしい。

 

陽菜が母親に種部の事で相談する。

先週結婚前提のお付き合いを申し込まれたけど、断った。

母さんが取引先と気まずくなるんじゃないかと心配・・

 

都樹子は、

「なんだ、そんな話。」

と軽く流す。

陽菜の幸せを願ってしただけのこと。

陽菜の好きにしていい。

早く結婚して欲しいと思っている訳でもない。

逆に


スポンサーリンク


「悩ませることになってごめんね。」

と謝る母。

 

種部の実家。

種部は夜、外を走っていた模様。

父親に陽菜との交際を聞かれて

種部
「ああ、順調だよ。」

 

バイト中の夏生。

そこに陽菜が訪ねてきた。

表情もすっかり明るくなっている。

テンションも高い。

種部のプロポーズを断って来た事を夏生に報告する。

昨日は久々にゆっくり眠れたという。

「夏生くんが勇気づけてくれたおかげ。」

 

陽菜は職場(ホテルのフロント)でもプロポーズを断った件を同僚に報告。

助言してくれた同僚は

懸命な判断だと思うと言ってくれる。

恋に落ちてしまえばどうしても見る目は鈍ってしまう。

冷静な状態での判断は、それが正解。

 

この様子をホテル内の物陰から笑みをたたえて見ている種部・・・

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク