現代に戻ってきた心。

色んなことが、元いた時と変わっていた。

中でも・・・

佐野一家のその後・・・

和子は次男(心)を出産後に一家心中を図った。

和子と長男はし亡、長女と次男は一命をとりとめた。

 


スポンサーリンク


 

この情報を目にした時、心は思わず携帯を水たまり落としてしまう。

お袋と兄貴が・・しんだ?

携帯を確認すると、母親の番号が入っていない。

だとしたら・・

未来(心の赤ちゃん)は誰が見ている?

心は急ぎ東京へ戻る。

東京。

心は歩いているとき、人とぶつかって持っていたコートを落としてしまう。

ぶつかった人が教えてくれたが、コートを拾う間も惜しいのか。

そのままにして行ってしまう。

妻の由紀はどうなった?

子供の未来は?

 

自宅マンションに着いた。

玄関の鍵は、持っていたもので開いた。

未来や母親を呼ぶが、誰もいない。

引き出しにしまっておいた健康保険証を確認する。

自分の部屋であることは間違いない。


スポンサーリンク


携帯を充電し、登録してある電話番号を確認する。

知らない番号ばかり。

写真を見ると、撮った覚えのないものばかり。

由紀や未来の写真が消えている。

 

由紀が未来を産んだ病院に行ってみる。

そこでは由紀が来たという記録もなかった。

心の事も誰も覚えていなかった。

 

心は、由紀の実家に行ってみる。

由紀が亡くなった時、未来をどちらが引き取るかでもめた。

しかし由紀の両親は心のことは知らないという。

 

街を歩く心。

もはや自分がいた世界ではない。

現代が変わったのだ!!

 

この時、携帯が鳴る。

” しらぎくの杜 ”という知らないところから。

——31話ここまで。

テセウスの船 32話に続く

〇感想

まー、そうでしょうね。

過去が、ノートに書いてあることとは全然違ってましたから。

そこから続く現代は違ったものになっているでしょう。

もはや完全にバックトゥザフューチャー。

しらぎくの杜はどんな話をしてくれるのでしょう。

明音ちゃんの事件や音臼小事件の犯人が誰か、ヒントになるかな。


スポンサーリンク