DLに関する悪い噂を気にしている丸井優平の母親

(守らないと・・・

私が優平ちゃんを・・・)

 

丸井母が野球部長に質問する。

DLはよく・・選手を潰すって本当ですか?

 


スポンサーリンク


 

 

直球過ぎる質問に他の父兄、生徒たちが引いている。

しかし気になるところであることも確か。

部長の回答を待つ。

 

部長の回答(結構うろたえ気味)

・悪い噂は常勝軍団の宿命

・DLの寮生活が厳しいのは事実。

・しかしそれが選手を成長させてきた。

「ご安心ください。」

 

部長による説明が終わり、保護者は帰ることに。

みな、涙をこらえての別れ・・

もちろん狩野親子も・・

涙が溢れそうで母親の顔が見れない狩野。

狩野母
「辛くても笑てたら何とかなるから。

苦しい事は笑いに変えなさい。」

図太く生きろ、笑太郎。

 

丸井母は優平に一緒に帰ろうと言っている。

やっぱりここは危ない場所。

プロになる道は一つじゃない。

他の高校からも誘いは来ている。

しかし優平は、初日で帰るのは恥ずかしいからもう少し頑張ると言う。

生徒たちは各自の部屋に入る。


スポンサーリンク


(5人部屋)

狩野は花本、丸井らと同部屋。

丸井はずっとなにやら考え込んでいる。

 

夕方になり、再び広間に集合。

2年生の指導員が紹介される。

長野と錦。

長野の独特の挨拶

「長野孝広YES!

よろしくい゛ぃ゛~い゛ぃ゛家康!!」

※長野孝広です。よろしくお願いします。と言っている。

 

指導員による寮の規則の説明

1年生はノートに取るよう指示される。

1.嘘つかない

2.陰口言わない

3.喧嘩しない

4.逢引きしない

5.1年生同士の私語禁止

6.上級生に使える言葉は”はい”と”いいえ”のみ。

7.トイレは左端以外使用禁止

8.女を見るの禁止

9.笑顔禁止

他にも寮でのお菓子を食べる時間、

部屋での姿勢、風呂は5分以内など、細かく決められる。

特に1,2,3は三カ条として重要。

 

狩野は笑顔禁止が引っ掛かる。

母親に、苦しい事は笑顔に変えろと教わった・・

 

規則の説明が終わったら3年生のところに挨拶。

——2話ここまで。

バトルスタディーズ 3話に続く

〇感想

厳しい厳しい寮規則。

これが後々大問題を引き起こすことになろうとは、この時の狩野たちはまだ知る由もなかった・・・


スポンサーリンク