前回のあらすじ

 

速水に、もう会わないようにしようと言われてショックを受けたハマジ。

翌日熱が出て学校を休んでしまった。

 


スポンサーリンク


 

一方部活では、ハマジが休みと聞いて、篠崎の目が輝く。

これは先輩にチャンスが来た!

お見舞いに行けば距離が縮まる。

しかし当の萩原が照れて二の足を踏んでしまう。

 

熱が下がって来たハマジ。

暇なので散歩に出かける。

すると部活が終わって帰る途中の篠崎にばったり。

二人は場所を変えて話すことに。

速水と別れたことを話すハマジ。

篠崎は、ハマジが萩原の事を思っているのを速水に見抜かれていると話す。

ハマジは両方に好かれようとしている。

 

篠崎に

結局アンタは誰が好きなの?


スポンサーリンク


と聞かれたハマジ。

 

 

ここから162話

 

 

やっぱり優柔不断なハマジ。

答えられない・・・

そして篠崎に言われてしまう。

結局選べないって、速水ちゃんに見抜かれてた。

「本当の気持ちをよく考えなよ。」

 

一生懸命考えるハマジ。

そして出した答えは・・・

「オレ・・

先輩も速水もどっちも好きだっ!!」

だからどっちも選べない。

 

ドン引きしている篠崎。

ここまでバカだとは思わなかった。

「アンタ、誰とも付き合う資格ないよ。」

ずっと先輩の恋の応援してきたけど、ハマジには預けられない。

速水ちゃんだっていい子なのに、可愛そう。

結局二人を振り回してるだけ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク