前回のあらすじ

 
塩田は雨宮を悦ばす技を身に着けるため、ハマジを連れて大人の店にいく。

塩田についたのはるこりんという可愛い子。

 


スポンサーリンク


 

事情を話すと、

「あたしで実践してみる?」

と、積極的に教えてくれる。

一方のハマジは待合室で待機。

 

 
ここから164話

 

 

塩田はるこりんから指導を受けている。

実に細かいところまで指示してくれる。

るこりんも次第に高揚してきた様子。

 

しかし!

塩田は調子に乗って店の禁止事項をやってしまう。


スポンサーリンク


店長が出てきて、罰金50万円を請求される!

 

こんな時の塩田は・・・

そう、逃げの一手!

 

ハマジを連れて走る!!

何とか逃げ切れた。

 

ひと息着いたところで塩田は感触を思い出す。

そして指導内容も・・・

 

手に残るるこりんの感触を思い出す塩田。

 

ハマジは塩田の洗っていない手にドン引き。

しかし塩田はそんな事はどうでもいい!

これでもうバッチリ雨宮を喜ばすことができる!

今度こそ絶対上手く行く!!

 

部活が終わり・・・

居残り練習をしていた雨宮とそれに付き合っていた塩田。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク