ブリタニア歴代の英雄たちの魂を宿した聖剣、エクスカリバー。

聖剣はいつしか持ち手を選ぶようになった。

そして今、アーサーが選ばれた!

 


スポンサーリンク


 

ここでホークが素朴な質問。

その聖剣さえあればアーサー一人でメリオダスたちを倒せるのでは?

 

マーリンの答え

「現実はそう甘くはない。」

どういうことかと言うと・・・

 

ジャリ・・・

 

倒したはずのキューザックとチャンドラーが起き上がって来た。

「ぶっちゃけ、お主の攻撃は効いておらん。」

 

試しに斬られてみただけと言っている。

キューザックの髭が片方短くなっている。

それだけ。

 

ショックを受けるアーサー。

生き絶え絶えのキャスがアーサーに話しかける。

覚醒しないとダメ。

それじゃ意味がない・・・

 

しかしアーサーは聖剣さえあれば負けないと、立ち向かっていく。

 

しかし4人の強大な魔力の前に、近づくことさえできない。

 

” アーサーがしんじゃう・・・ ”

キャスが思念でメッセージを発する。


スポンサーリンク


それを受信した様子のマーリン。

 

ズシィ・・・

 

聖剣が急に重くなった。

アーサーはもう持ち上げることもできない。

そしてさらに

 

ビキィ

 

アーサーの身体に激痛が走る。

 

体のあちこちから血が噴き出す。

もう立っていることもできない。

どういうことなのか・・・

 

キューザックが説明する。

・アーサーは二つの過ちを犯した。

・一つ目は、アーサーの力不足。

・剣には人間の英雄たちの魂が宿って力を貸しているが・・
その強大な力を使うには強靭な肉体と精神が必要。
アーサーの身体ではその負荷に耐えられない。

・二つ目は、戦う相手を間違えた。
この4人は最上位魔神。
いかに英雄たちと言えども、人間。
4人の魔神を前にして震え上がってしまっている。

確かに剣が震えている。

キューザックは、アーサーの処分として心臓を一つ握りつぶすという。

 

するとそこにマーリンが現れた!

「その前に連れ帰らせてもらう。」

「アイシクルキャッスル(氷柱の城)」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク