人気ピアニストになった龍之介。

多忙な日々を送っているようで・・・

 


スポンサーリンク


ある音楽番組の龍之介の楽屋。

毎日仕事で疲れて切っている龍之介。

目の下にクマが出来ている。

メークさんが入って来た。

龍之介の顔を見て一言。

「あらら。

ホラー映画にでも出るんですか?」

 
本番。

疲れていても本番になれば笑顔でトークし、

ピアノを弾く姿は・・カッコいい。

 

 

ルパン。

うららちゃんが来ている。

 

昨日の龍之介が出演した音楽番組を見たらしい。


スポンサーリンク


カッコ良すぎて神々しさすら感じたと、小春に興奮気味に話す。

知っている人がテレビに出て、人気が出るのが嬉しいらしい。

龍之介本人は、人気が出るのは好ましく思っていないのだが。
(金だけ欲しい)

 

事務所の方針でハレ婚の事は公表していない。

やっぱり一夫多妻はイメージが良くない。

 

そんな話をしていると、小春の携帯に龍之介から着信。

珍しい。

 

出ると・・・


「小春ちゃん。僕だけど。

愛してるから。」

それだけ言うと切ってしまった。

 

小春は意味が分からない。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク