ここまでのあらすじ

202X年の5月、神奈川県小田原市。
公道自動車レースが開催されている。
MFGと呼ばれるこのレース。
グリップウェイトレシオだけが唯一のレギュレーション。
1周のタイムアタック形式で予選を実施し、上位15名が決勝に挑む。
今はその予選の真っただ中。


スポンサーリンク


登場人物

カナタ・リヴィントン(マシンは?) 19歳

イギリス人と日本人のハーフ。
高身長で育ちがよさそう。
イギリスの有名なレーシングスクールを出ている。
西園寺家に居候させてもらっている。
母親は亡くなり、行方不明の父親を探している。
MFGには最終日に出走予定。

西園寺恋(レン) 17歳

自分は見た目で男は選ばないと決めていたが、かっこいいカナタに一目ぼれ。
カナタの父親捜しを手伝うと言い出す。

オガタ

整備士。カナタの車を用意してくれている。
しかしオガタ曰く、その車(スリーペダル)はあまり戦闘力がない。

リョウ・タカハシ

MFGのエグゼクティブ・オーガナイザー。
人物像は謎に包まれている。

9号車ドライバー相葉瞬(ニッサンGT-R) 24歳

昨年度のランキングは9位。

サーキット場で見かけるMFGエンジェル7番の女の子に惚れている。
しかし全く相手にしてもらえない。

7号車ドライバー大谷洋介(AMG GT S(改)) 23歳

3年目の今年は自信アリ。
マシンの仕上がりも良く、優勝を狙う。

5号車ドライバー坂本雄大 27歳
車はアウディR8 Coupe V10 plus(改)

大排気量のエンジンと4WDを電子制御で完全武装。
優勝して10億円をもらう予定。

2号車ドライバー赤羽海人 26歳
車はフェラーリ488GTB(改)

走っている途中でパワーが上がらないトラブル発生。
原因がわからない。
テクニックで何とかトップ10には入りたいところ。

12号車ドライバー ミハイルベッケンバウアー 21歳
車はポルシェ718 ケイマンS(改)

シュツットガルトからの刺客と呼ばれる実力者。
MFGはイージーすぎてつまらないと思っている。

———ここから4話の内容

前回MFGの事務所で知り合いになったカナタと相庭。

相葉がうまい日本食食わしてやる、と言ってカナタを連れて来たのは牛丼屋。


スポンサーリンク


牛丼屋のテレビで見ると、ミハイルベッケンバウアーが暫定トップになっている。

牛丼が来て食べ始めるとカナタは箸が使えないことが発覚。

相葉がスプーンをもらってあげる。

翌日、カナタは整備士のオガタをたずねる。

何かお手伝いを、と言うカナタだが、手伝う事は特にないらしい。

一緒にコーヒーを飲み始める2人。

オガタがコーヒーと一緒にコアラのマーチを出す。

一つ食べて、カナタは驚く。

「GOOD。」

こんなおいしいお菓子はイギリスにはどこにもないとのこと。

ちょっと大袈裟だが、オガタは嬉しそう。

レースの話に入る。

オガタの車は一度MFGに出たことがある。
(この時はオガタがドライバー。
オガタの仲間で今もMFGに出ている人がいる。)

そのときの仕様のままなので、やることはタイヤを新品にすることくらい。
(ルールでレース期間中はテストでコースを使ってはいけない。)

タイヤはブリヂストンか、ヨコハマの2択。

1発の速さならヨコハマで、安定感ならブリヂストン。

オガタは性能に大差はないと思っている。

カナタはオガタに任せると言っている。

タイヤは1レース1セットを目安に設計されている。

1レースとは予選から決勝までのこと。

予選だけなら1セットで3戦くらいはいけるか。

ここでカナタから不可解な発言が出る。

タイヤを1回の予選でダメにしてしまうかもしれないとのこと。

オガタも意味がわからない様子。

予選5日目。

カーナンバー1
ポルシェ991カレラGT3(改)が走っている。

ドライバーは石神風神、37歳。

いつも通り、無理をしない安定感抜群の走り。

それでいてタイムは出ている。

天才・ミハイルベッケンバウアーを振り切れるのは石神だけと、ファンは言っている。

カレラのGT3がケイマンに負けるわけにはいかない!!

——4話ここまで。

エムエフゴースト 5話に続く

〇感想

いやー、カナタいいな・・

牛丼とコアラのマーチ、喜んでもらえて良かった。

オガタの走り仲間でMFGで現在走っている人って・・・

もしかしたら相葉かな。

それにしてもカナタの走りが気になります。

予選1回でタイヤをダメにしてしまうって・・

どんな走りを見せるのでしょう。

みんなの度肝を抜くレースを期待してしまいます。


スポンサーリンク