文芸部、海での同窓会。

演劇の先輩とも遭遇して、みんなで泊まることに。

だけどバルスだけ帰るという。

そんなバルスの腕をフーミンが掴んた。

「家には電話すればいいじゃん。

せっかくだし・・・

一緒に泊まっていこうよ・・」

 


スポンサーリンク


 

それでもバルスは頑なに帰ろうとする。

フーミンはひっしに引き止める。

 

みんなフーミンを応援する。

モモだけは違う心配。

「女子に腕掴まれていることでバルスのお〇○○○○が元気にならないか心配・・・」

 

このままでは埒が明かない。

フーミンは携帯を取り出して芝崎家に電話する。

出たバルスの姉に、今日は文芸部の集まりで宿泊になることを伝える。

姉は快諾。

もう断る理由はなくなった・・・

夜。

みんなでバーベキュー。

演劇の先輩はナンパに成功しなかったとぼやいている。

カップルビーチと呼ばれていて成功率が高いはずなのに・・

 


スポンサーリンク


カップルビーチと呼ばれているのは確かだけど、成功率が高いのはナンパではない。

近くの山に縁結びのご利益がある小さい神社がある。

そこにカップルでお参りすると末永く幸せになると言われている。

 

夏生とアル。

一人旅は楽しかったと話すアル。

その旅の途中で何か出会いがあったのではないかと推測する夏生。

理由は、今回ルイにアピールしていない。

 

新たな出会いがあった訳ではないが・・

と話し始めるアル。

帰国した時、空港でリリーっぽい人を見た。

アルの幼馴染で、少しルイに似ている。

空港で見かけたけど、すぐに見失ってしまった。

それから気になっているという。

 

夏生は、

「会いに行けばいいじゃん。」

と背中を押す。

 

アルは、会いに行きたいけど、臆病になってしまっている。

夏生について来てと頼む。

 

夏生は断る。

金がない。

 

夏生のことが気になる芹沢。

二人の話に聞き耳を立てている。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク