桜木が示した東大専科の方針・・・

担任はなし。

教室もなし。

文系と理系が一緒に勉強する。

じゃあ、どうやって?

 


スポンサーリンク


 

桜木が取り出したのはスマホ。

「早瀬、天野!

二人はスマホ一つで勉強して東大に合格する!」

驚く二人。

そして水野も。

難関大コース担当の田村梨江子と水口圭輔が話している。

突然東大専門コースが設置されてパニックになっている。

生徒が流出してしまうのではないか・・

焦る二人。

相手は凄腕の受験のプロの桜木。

対抗策を練る必要がある。

東大専門コースがどういう態勢で何を教え、自分たちの難関コースと何が異なるのか。

それらを分析して生徒一人一人に細かく対応する。

二人は結束して生徒を守り抜くことを誓う。

理事長代行が電話で誰かと話している。


スポンサーリンク


話の内容は・・

龍山高校の廃校。

当初の計画通り、5年以内に廃校の方針を発表するという。

廃校後、校舎は解体、土地を売却。

桜木の話の続き。

スマホ1台で受験勉強とは・・・

使うのはスタディサプリ。

天野は登録済みだと言う。

 

スタディサプリはすでに全国1000以上の学校で導入されている。

2017年9月には全国で初めて渋谷区の公立中学校に採用された。

スタディサプリは、良質な授業をいつでも受けることができる。

学習履歴のデータを活用して苦手ポイントの特定や得意教科の先取りも可能。

自分専用の学習プランで効率的に取り組むことができる。

 

桜木は、これからの学習はITだ!と力説。

 

二人の反応はイマイチ。

カリスマ教師が続々登場して地獄の特訓!

みたいな感じを期待していたという。

 

 

 

次ページへ


スポンサーリンク