細川忠興邸。

妻の珠が庭で遊ぶ我が子二人を愛おしそうに見ている。

子供の名はおちょうと熊千代。

本当に可愛らしい。

そして珠は、この幸せがいつまでも続くように心から願う。

 


スポンサーリンク


 

その時、家臣が急な知らせを持ってくる。

その知らせとは・・・

明智光秀(珠の父)謀反を起こして信長を焼き討ちにしたこと。

 

この瞬間に、珠の幸せはもろくも崩れたのであった・・・

失った幸せと引き換えに、彼女が手に入れた力とは・・・

時は少し遡り・・

八郎達が討ち入る前の鳳輦車。

京の明かりが見えてきて、成尋衆は皆上機嫌。

孔雀も、京の明かりを肴に戦勝の前祝いをしようなどと言っている。

孔雀
「何しろ今宵が成尋様の大願成就の時となる。

新たに与えられたこの命も報われようというものさ。」

 

孔雀は、お前もそう思うだろ。


スポンサーリンク


「夜叉・・いや、明智珠・・だったかな。」

と言って夜叉に絡む。

 

夜叉はその名で呼ばれると不愉快な様子。

とうの昔に捨てた名。

成尋様の勝利を願う気持ちに偽りはない。

 

孔雀は夜叉の首に刀を当てて忠告する。

私情は捨てろ。

お前の過去と、一番の望みを知っている。

「お前が秘めたる怨恨の炎が消えておらぬこともな。」

あのお方に叛意を持つ持つものは私が斬る。

二度とあんな目に遭うのはごめんだ。

 

夜叉は言い返す。

私情を捨てていないのは孔雀の方。

首の傷をあえて治さないのはその証。

其方は余程あの八郎のことが・・・

 

夜叉の言葉を孔雀が遮る。

「だまれええ」

 

夜叉は一瞬のすきを見て孔雀から離れる。

珠と言うのは二ツ前の名前。

キリシタンとしての名前はガラシャ。

そう呼ばれた時もあった。

 

 

 

次ページへ


スポンサーリンク