前回のあらすじ

 
烈雄との戦いを終えたパピヨンと玲二。

次なるねらいは轟週宝。

 


スポンサーリンク


 

戦いの前の腹ごしらえでレストランに入る二人。

そこで生牡蠣をたらふく食べた二人は作戦を練る。

まずこの船乗っ取ってパピヨン号にする!

轟周宝を探さなくても、船を奪えば取り返しに向こうから現れる。

そして無人島に寄港して麻薬におぼれたセレブな女性たちを緊縛して島流しにする。

そして薬物断ちして依存症を克服させる。

着替えた二人はまず操縦室に向かう。

 

ここから597話

冒頭、ちょっとしたあらすじ紹介。

玲二は潜入捜査官。

麻薬を扱う数寄矢会の首領、轟週宝を逮捕するためにこの船に乗り込んだ。


スポンサーリンク


 

相棒はクレイジーパピヨンこと、日浦匡也。

麻薬をしのぎにしない、新生数寄矢会を創ろうとしている男の中の男。

ちなみに玲二が潜入捜査官であることを知らない。

 

この船、ヘヴンリーアマゾネス号では世界中のセレブを相手に、巨大麻薬取引が行われている。

その主犯、轟周宝をおびき出すために、操縦席を乗っ取ることにした二人。

 

そして今、二人は同時に操縦室のドアを蹴破った!!

 
操縦室には毛むくじゃらの船長と数人の乗組員。

 

パピヨンは

「シージャック!ナウ!」

と言って銃を向ける。

 

乗組員は驚いて逃げ惑うが船長は落ち着いている。

 

 

 

次ページへ


スポンサーリンク