2ページ目

 

キングとディアンヌ。

ディアンヌは、マーリンに作ってもらった戦闘着(レオタード)が気に入った様子。

 


スポンサーリンク


 

少しくらい破れても元に戻るマジックアイテム。

足を上げて、キックの練習。

ディアンヌの股間が見えて鼻血を出すキング。

「オイラはこんなすごい服作れないもの・・」

 

しかしディアンヌは、キングが作ってくれた服も、宝物として大切に取ってあるという。

 

喜ぶキング。

そしてキングは気を取り直して、この戦いが済んだらオイラと・・・

と言いかけたところにエスカノールの邪魔が入る。

仲がいい二人を妬んでいる。

自分はマーリンに相手にされないから・・・

 

そこにマーリンの声で

「何をイラついているのだ、エスカノール。」

と声をかけてきたのはゴウセル!!

 

秘技・ボイスミミクリィ(声帯模写)

 

キュピンキュピンしながらの登場。

久々だからキュピーンサービス!

 

マーリンに声をかけられたと思って一瞬喜んだエスカノール。

怒る訳にもいかず、ここは静かに退場。

その時
 
 

ゴホンッ

 

エスカノールが咳をすると・・

喀血!

 

四大天使・聖騎士・七つの大罪の出陣!

沿道の人々が口々に声援を送る。

兵たちも皆士気が高い!

この様子を上から見ているタルミエルとサリエル。

「リュドシェルのヤツ”祝福の息吹”をかけまくったな・・」

忠実で戦力が高い駒が一人でも多く欲しい。


スポンサーリンク


でも、リュドシェルの従者は術をかけていない人間(ヘンドリクセン)。

この理由は二人にも分からない。

 

リュドシェルは付き従っているヘンドリクセンに聞く。

本当に良かったのか。

友と戦ってもよかったのだぞ・・

 

ヘンドリクセンはドレファスを見ながら

これは互いに選んだ道。

後悔はないと話す。

 

士気が高い兵士たちの中でも一際気合が入っているのが

ハウザー、グリアモール、そしてギルサンダー。

活躍ししそうな三人。

 

マーガレットの姿をしたリュドシェルが上空から叫ぶ

「これより三千年の時を経て、再び聖戦が始まる。

<光の聖痕(スティグマ)>の諸君!!

約束しよう!!

この戦いの勝利を!!

白き導き手が闇の血脈を立ち、汝らの剣と槍がブリタニアを救うのだ!!」

 

兵や人々は大いに盛り上がる。

 

しかし前方を見ていたエスカノール。

「悦に浸るのはそこまでです。」

 

皆が一斉に前方を見る。

ホークは怯え、騎士たちは身構える。

 

魔神軍が目前に現れた!

想像を超えた大軍勢!!

 

掃討部隊指揮官のハウザーが号令をかける。

 

「突撃いっ!!!!」

 

——258話ここまで。

七つの大罪 259話に続く

〇感想

戦い前はちょっとほんわかしていたキングとディアンヌが真っ先に突っ込んでいきました!

どんな戦いを見せてくれるのでしょうか。

全体としては士気の高さを強調していたので、もしかしたら前半は連合軍苦戦かもしれません。


スポンサーリンク