前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

ゆずは実家を訪問。

れもん(10)と話す。

れもんの話

・はむりんはりゅーたんの人気にあやかろうとしただけ。

・あーゆう女は押しは強いけど、使えないとわかったらすぐ乗り換える。

・でも女としてその生き方は否定しない。

・そういうしたたかさも才能。

・りゅーたんの好みではないけど。

 

10歳とは思えない見解を言う妹にゆずは引いてしまう。

 

一方小春ははむりんの件を引きずっていた。

龍の事を信用しているが、嫉妬心が収まらない。

龍につらく当たってしまう、

 

小春は久しぶりに同窓会に参加。

酔っぱらってハレ婚生活の話をし出す・・

 

 

ここから160話

 

 

夜の東京。

龍之介が車で移動中。

龍之介の携帯に着信。

「やぁ・・」

 

 

同窓会。

小春が酔っぱらっている。

女友だちに質問。

「浮気する旦那と、ハレ婚する旦那。

どっちがいい!?」

 


スポンサーリンク


みんなの反応は同じ。

どっちもしないダンナが一番。

 

それは、間違いない。

 

皆口々にハレ婚生活は無理という。

嫉妬でおかしくなる。

 

しかも小春は第二夫人。

ツラくはないのかと聞かれて・・・

 

ツラいに決まってんじゃん。

 

小春、へべれけ。

 

そこに男友達が別テーブルから参加。

この男、高校時代は生徒会長。

名は鮎川。

小春は憶えていない。

 

この鮎川が

「前園に失礼だべ!」

と言って来た。

第二夫人だからって、愛されていないとは限らない。

 

鮎川はハレ婚生活に憧れているらしい。

女たちには白い目で見られるが・・・

 

負けずに持論を展開する。

・共働きが当たり前のこの時代、子育てとか絶対助かる。

・仕事も続けられる。

・家計も楽。

・嫁同士で仲良くなれれば結構楽しそう。

 

小春の目が輝いた!

「そーなんだよ、マス川!」(鮎川だけど・・

ハレ婚だって、いい面はある。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク