前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


八潮と北原とカナタが湖畔に出た。

もう少し行くと、コースは登り坂。

今のうちにカナタに差をつけたい八潮と北原。

 
先頭グループは石神とベッケンバウアー。

ゲルマン民族代表のベッケンバウアー。

ポルシェに乗る石神に敵対心を燃やす。

 

目が離せない3位争い。

相葉のGT-Rが坂本のアウディを揺さぶる。

相葉としてはこのれーずは絶対に取りたい。

そして7番ちゃんのキッスをもらうのだ。

 

10位の赤羽(フェラーリ)がハンニネンを抜いた。

小柏からの評価が高い赤羽。

大石が運転するランボルギーニを射程に捉えた!

 

 

ここから22話

 

 


スポンサーリンク


2号車ドライバーの赤羽。

別にフェラーリというブランドに思い入れはない。

戦うための道具として優れているから乗っているだけ。

リースにしているのは合理的だから。

しかし、ランボルギーニにはなぜが対抗心がある。

何者かが耳元で囁く。

「ブチ抜け、前へ出ろ!!

そのクルマの後塵だけは浴びるなと!!」

 

赤羽の前を行く3号車ドライバー、大石代吾(25)。

こちらも赤羽の運転するフェラーリに特別な対抗心がる模様。

(ターボなんぞでふやけやがって。

堕ちたもんだな、跳馬のエンブレムも・・

NAの5.2リッターV10エンジンが背中でせせら笑うぜ。)

キングオブスーパーカーは今やランボルギーニ。
(個人の意見)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク