前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

ヘヴンリーアマゾネス号を乗っ取るために操縦室に殴り込んだ玲二とパピヨン。

そこで二人を迎え撃つのはむくつけき船長とシャチを抱えた謎の美女、ベルチェノワ。

ベルチェノワのシャチからパピヨンに向けて無数の歯が放たれた!

何発か受けてしまうパピヨン。

 

 

ここから598話

 

 

パピヨンはシャチの歯攻撃を受けて倒れてしまった!

 

次は玲二の出番!

ベルチェノワに飛び蹴りをお見舞いするが、躱されてしまう!

 

船長がパピヨンに拳銃を発射!

パピヨンは床を転がって避けた!

 

カチッカチッ

 

船長の銃が弾切れ!

しかし船長は次なる攻撃

 

ブフォオオオ

 

船長はパピヨンに大量のつばを吐きかけた!


スポンサーリンク


唾はいくらでも出せるらしい。

 

流石のパピヨンもこの攻撃は効いた。

動きが止まったところを船長に殴られる!

 

殴られた拍子にさっき塗った傷口が開いてしまった!!

 

船長
「轟のダンナのトリヒキワ、

誰ニモ止メラレネーンダヨー!!

この船長、5か国語喋れるらしい。

 

海賊と聞いてカリブの海賊を思い浮かべる玲二にパピヨンが解説してあげる。

・今の海賊は危険すぎる存在。

・ロケットランチャーを常備する武装集団

・小型ボートで近づいてタンカーごと乗っ取る。

 

驚く玲二。

 

船長は轟に雇われた。

世界をまわって麻薬を売りさばく。

無事にできたら7億円の契約。

 

この船長の名前はキャプテン・デルタ。

デビルマーメイドことベルチェノワと一緒に数々の船を奪って来た。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク