前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

トーマンと芭流覇羅の激突!!

しかし人数が違う。

トーマン150に対し、芭流覇羅300

トーマンは次第に劣勢に立たされる。

そんなとき、タケミチが殴られ過ぎてヘロヘロになりながらも敵に向かって行く。

この抗争はオレが終わりにすると宣言するタケミチ。

これに勇気づけられたトーマンのメンバー達。

勢いを盛り返す。

そして、ドラケンと半間の対決が始まる!

 

 

ここから54話

 

 

ドラケン
「行くぞ半間ぁ!!」

半間
「来いや!!ドラケン。」

 

ドラケンが半間に強烈なパンチ!!

半間は腕でガードしたが、数メートル吹っ飛ばされる!!

 

まわりの兵たちもドラケンのパワーに息をのむ。

 

タケミチ
(強ええのはわかってたけど・・

反則級のパワーだドラケン君!!)

 

 

一方、一虎 対 マイキー


スポンサーリンク


 

一虎はマイキーから逃げる!

廃車の山を登る一虎。

追いかけるマイキー。

 

と、その時、廃車の陰から突如現れた者に蹴りを喰らうマイキー。

かろうじて腕でガードしたものの、強烈な蹴りだった。

そして廃車の陰からもう一人。

 

マイキー
「一虎てめえ・・

タイマンも張れねえのか?」

 

この二人、一虎が応援で呼んだもの。

ネンショー時代の知り合い。

ケンカのエキスパートだ。

チョンボとチョメ。

さっきマイキーに蹴りを仕掛けたのがチョンボ。

 

まずはチョンボがマイキーに向かう。

今回も蹴り。

しかし不意打ちでなければマイキーは食わない。

腕で楽々ガード。

 

チョメ
「チョンボ離れろ!!」

 

マイキーの蹴りりがチョンボを襲う!

 

チョメの警告があったのでかろうじて避けられた。

マイキーの強さに驚くチョメとチョンボ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク