元、寮監の元を藤巻監督が訪問。

その用向きは・・?

 


スポンサーリンク


 

とりあえず野球部の近況を報告する藤巻。

逆風吹き荒れる中を、

DL復活のために日々前進している後輩たち。

そのひたむきな姿に心打たれる毎日・・・

 

そして藤巻は自らの決意を述べる。

甲子園で優勝できなかったらプロ入りは諦める。

監督として最初で最後の夏。

「人生を賭けてDL学園をもう一度、甲子園の王者にして見せます。」

 

寮監はずっと竹を削っている。

藤巻が象用のパイプかと尋ねると・・

 

寮監
「竹バットじゃ!!」

 

DLや野球から距離を置こうとするほど、未練が残るらしい。

禊として作り始めたという。

もう何十本も削ってある。

凸凹で、使い物にはなりそうにないが。

 

寮監が、夏のお守りにと1本差し出すので

いらないけどもらって帰る藤巻。

 

寮監、帰っていく藤巻を見えなくなるまで見送る。

「おおきに藤巻・・・

DLの復活を心から祈る。」

 


スポンサーリンク


 

5月17日。

早朝から野球部が学校のトイレ掃除をしている。

学校に泥を塗ったお詫び。

とはいえ、禊というよりはアピール。

一般の生徒に応援の助力を頼みたい。

 

もう8時。

トイレが終わったら朝のご挨拶。

 

校門のところに整列して、登校してくる生徒たちに挨拶する野球部。

意味があるとは思えないが・・・

門松は効果絶大だと思っている。

問題起こした政治家もやってるし。

 

「うざっ」

 

そう言いながら通り過ぎるのは、久しぶりの登場、

雪乃、晴(ひより)、心(こころ)の3人。

「いつもワガモノ顔で学校に来て

授業中は寝てるだけの野球部様が・・

どういう風の吹き回し?」

と雪乃が絡んでくる。

野球部の起こした不祥事で関係ない私たちまで迷惑してる。

「DLは野球部だけのものじゃない。

消えれば?」

と言って去っていく。

 

雪乃の迫力にただ怯えるばかりの狩野。

(狩野は何度か会ってるんだけど・・)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク