ベティの負傷により、ジョーカーズは緊急帰還を強いられる。

しかし天文台も建設しなくてはならない。

エディ、カルロ、ベティ、アンディが先に帰り、

フィリップとムッタは残って天文台建設。

 


スポンサーリンク


エディたちが地球に向けて出立する前夜。

フィリップがエディの寝床を訪れる。

一つお願いがあると言う。

 

出立の時が来て・・・

ムッタとフィリップは全員と握手。

地球での再会を誓って。

フィリップとムッタが帰還した時はアンディが帰還船から担ぎ出してくれることを約束。

 

ムッタがカメラを持っている。

アンディのカメラ。

カメラマンの続きを任されたらしい。
 

エディがムッタを離れたところに呼ぶ。

頼みごとがあるといい、

「コイツはある意味、ミッションより責任重大だぞ。」

 

 

NASA。


スポンサーリンク


ルナモジュールの準備が整った。

出発可能。

分離に成功し、ルナモジュールが打ち上げ地点へ向かう。

 

ビンスからエディに通信。

予定通り。

ルナモジュールが打ち上げ地点に到着まで約60分。

 

エディは了解し、皆与圧服に着替える。

まずはベティから。

 

ベティは医療機材に繋がれているので普通のは着れない。

ベティが着るのは、寝袋風の与圧服。

ネックリングとネックダムもつけて・・

全部着終わると、想像以上に芋虫。

アンディが面白がって写真に撮ろうとする。

ベティは嫌がる。

しかし、エディは記念になるからと言って、撮影を勧める。

「今は辛いだろうが、必ず笑い話になる。」

 

ベティはしぶしぶ1枚だけ、と許可したが、

 

カシャシャシャシャ

 

アンディは連写。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク