前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

龍之介の電話の相手が気になって仕方がない小春。

龍之介が風呂に入っているすきにスマホを見ようとする。

脳内会議が始まって葛藤する小春だったが・・・

迷っているうちに龍之介が風呂から出てきて小春の後ろに立つ。
 

 

ここから162話
(next163)

 

 

そーっと小春の後ろに忍び寄る龍。

そして後ろから羽交い締め。

「見たな。」

まったく、やることなすことガキ。

一度痛い目に遭わせないいけない。

 

ここからは龍之介流お仕置き。

小春のパンツを下ろして後ろからの連続攻撃!!

 

小春は見てないと主張。

パスコードもわからないし。


スポンサーリンク


「信じて。」

 

龍之介
「信じられない。」

ヒドイのはどっちだ。

何もしていない僕を散々疑って・・・

あげくの果てにはケータイをこっそり見ようとするなんて・・・

何もしていないのに疑われる気持ちを君も味わうがいい。

 

小春は見ていないの一点張り。

 

なんて。

小春が見ていないことなんて、龍之介は最初から分かってた。

「小春ちゃんごときに解けるパスコード使ってないから。」

僕を信じられないならいくらでも疑うがいい。

嫉妬に狂って毎晩僕を想って泣けばいい。

 

「また可愛がってあげるよ。」

龍之介はそう言って部屋から出ていった。

 

龍之介も小春も悲しそうな顔・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク