前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

才蔵が相手にするのは夜叉。

しかし何度シミュレーションしても勝ちへの道筋が見えない。

 

しばらく考えたのちに

才蔵は夜叉に話しかける。

参った。

どうやら勝ち目はないらしい・・・

「オレと一つ賭けをしないか・・?」

 

 

ここから28話

 

 

才蔵とは別の戦いも同時に進行していた。

滑婆 対 孔雀。

 

滑婆は忍法 ” 羽衣 ” で空中から孔雀を襲う。

空を舞い、獲物を狩る鷹が如く、四方より縦横に襲い来る滑空術。

滑婆は孔雀の腕を斬り落とした!

 

しかし孔雀の持つ魔術は ” 時の逆鉾 ”

時間を巻き戻して、腕も元通り。

 

滑婆
「はっ!

アンタ先祖にヒトデかトカゲでもおるんちゃうか?」

時間を逆流させることができる・・

いくら斬っても孔雀の時間だけ巻き戻って元通りになる。

忍者の常識を超えている。

それに・・

滑婆が腹立つのは、孔雀の目つき。


スポンサーリンク


まるで人の事を蟻とでも思っているような・・

「かかってこいや。」

といっても、気乗りしないから嫌だと言う。

弱い者を斬る趣味はないと。

 

側で見ていた根来ごろ寝。

その孔雀と言う男の気が乗らないのは、他に心に決めた相手がいるのだろうと言う。

 

ごろ寝の言う事は当たっていた。

孔雀は八郎以外と斬り合う気がしないのだ。

 

だが、孔雀が八郎と斬り合うことは成尋に禁じられていた。

理由は・・

八郎の行動原理は ” 愛 ”

ならば、仲間の忍を全員ころして八郎の ” 拠り所 ”を失わせるのがいい。

そして最後に残る八郎の最愛、響を利用すれば八郎を操るのはたやすい。

桜花を手に始まる、歴史の修正は目前に迫っている。

「お主も愛するもののため、夢中になりすぎる気がある。」

 

孔雀は成尋の耳元に口を近づけて・・

「私の最愛は成尋様のみにございまする。」

故に、甲賀八郎は決してころしませぬ。

 

成尋
「頼むぞ、お蘭。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク