前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

現役海賊の父娘との対決!!

ベルチェノワ 対 玲二

尾びれボンバー!!

マーメイドの尾びれが玲二を強打!

玲二は壁に叩きつけられのびてしまった・・・

 

船長 対 パピヨン

船長に傷口をグリグリやられてパピヨン倒れる。

そしてロープで全身縛られて艦橋から外に吊るされてしまった!

ロープがパピヨンの首を絞め上げる!

 

 

ここから600話

 

 

尾びれボンバーをまともに食らって伸びていた玲二。

しばらくして目を覚ますと・・・

船長がロープを引っ張っている。

「ヨーソローヨーソロー!」

 

玲二が艦橋から下を見ると・・

パピヨンが首吊り状態になっている!!

 

パピヨンが吊るされていることに一般客も気づいて騒然となる。

 


スポンサーリンク


パピヨンは顎でロープをロックしているが、いずれは窒息してしまう。

かと言ってロープを切っても、下のスクリューに巻き込まれて命はない。

どうしたらいいのか・・

玲二は考える。

 

玲二、何か思いついた様子。

上からパピヨンに呼びかける。

五分だけ絶えてくれ。

必ず助けるから信じて待っててくれぇー!!

 

玲二の後ろに仁王立ちしているベルチェノワ。

「次ハ オ前ダ。」

鋼鉄の鱗を身に纏ったデビルマーメイド。

船長と二人で世界の海を悪の血色で染めてきた。

 
 

船長はロープを引っ張りながら

「目ン玉トビデローー!!」

 

目は充血し、よだれを垂らしている。

確実にクスリをやっている。

 

玲二などチョロイと思っているベルチェノワ。

笑いながら玲二に向かって行く!!

 

玲二
(来たッ 作戦開始!!)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク