冬の全国選手権大会 3回戦

 


スポンサーリンク


 

梁山 対 聖蹟

3 対 4

ついに試合終了!!

聖蹟の勝利!!

両手を上げて喜ぶ聖蹟の選手たち!

聖蹟のベンチは大変な騒ぎ。

みんな飛びあがって抱き合う。

 

奇跡の大大大逆転劇!!

ベスト8へ進むのは東京の名門!!

3点を先行され、一時絶望的だった差は、

後半20分にエース水樹が1点返すと、その勢いのままにハットトリックで同点。

最後はアディショナルタイムに、ルーキー風間が決めて逆転!!

最後まであきらめなかった聖蹟による大金星!!

 

鈴木と佐藤が臼井に駆け寄る。

臼井が二人を抱き寄せる。

「よくやった。

よくやってくれた。」

強烈な抱擁。

佐藤と鈴木はちょっと痛い。

アメとムチ。

 

大柴は元気いっぱいに君下に絡む。

「ワハハ

作戦Oとナイトフォール。

思い知ったか、王の力を!!」

しかしやっぱり疲れてた。

大柴は足がつって転げまわる。


スポンサーリンク


君下は無視して立ち去る。

 

来須は国保に抱きつく。

笑ってんのか泣いてんのかわからない来須。

 

水樹は猪原と黙って握手。

ただ、肩をバンバン叩くのみ。

それを見た君下はニヤリ。

 

小百合は号泣。

笠原も、大柴姉も。

丸岡と甲斐は

「天変地異だ。」

新納は自分の頬をつねる

「夢だ。これは夢に違いない。」

保科は目をつぶって

(まさか梁山を倒すとは。

勝負は何が起こるかわからない。)

そんな保科を相庭が、今日も宿舎に行こうと誘う。

 

病院でほっと胸をなでおろしているのは生方。

風間妹は涙が止まらない。

 

そしてもちろん、つくし母も号泣!

 

 

まさかの結果。

夏之IH王者・梁山が姿を消した。

 

立ち上がれない梁山イレブン。

キャプテンの加藤が声をかけて回る。

「知ってるぅ 知ってるぅ

こういう日もあるぅ

さあ立て。

お終いだぁ

並ぼうかぁ。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク