コウノドリドラマ 1話の原作(マンガでは191話) 耳の聞こえない妊婦編1

–原作191話(耳の聞こえない妊婦編1話目・産声)あらすじ

冒頭、ベイビーのライブの様子が描かれる・・・

ペルソナの新生児室。

サクラが赤ちゃんの様子を見て回っている。

赤ちゃんが泣いている。


スポンサーリンク


その声は、ここ・産科の”音”。

中でも、この場所にいる誰もが一番嬉しく、安心する音・・・

それは、”産声”

なぜ産声が一番うれしくて安心する音なのか?

それには理由がある。

赤ちゃんはお母さんの羊水の中で浮かんでおり、へその緒を通して酸素をもらい、二酸化炭素を返すという呼吸をしている。
つまり、お腹の中では肺で呼吸をしていない。
赤ちゃんは外に出たとたん、へその緒を切られる。
従って自力で呼吸をしなくてはならなくなる。
大きく息を吸い込み、息を吐きながら泣くことで、羊水を体外に出して肺を膨らませる。
赤ちゃんは生まれたその瞬間、体の機能を急激に変化させるのだ。
それが出来なければ、新生児仮しにつながり、今後の成長に悪影響を及ぼすかもしれない。
人生最初の肺呼吸・・・
それが産声だ。

つまり・・・

産声は、元気に生まれたよ、という赤ちゃんからお母さんへのメッセージ。

 

しかし、今サクラの目の前に座っている早見さんと言うかわいい妊婦さん・・

彼女は赤ちゃんからのメッセージを受け取ることができない。

付き添いで来ている夫の話だと、彼女は

・補聴器をつけていれば、大きな音は聞こえる。

・しかし、会話としては聞き取れない。

残念なことに、ここペルソナには手話通訳できるスタッフがいない。

夫は仕事があるので、なかなか一緒に来れない。

同席しているケースワーカーから、

彼女が来院する時は役所に頼んで手話通訳か、要約筆記ができる人について来てもらうという提案がなされる。


スポンサーリンク


しかし、プライべートな事なので、彼女の希望で自分で筆談をすることに決まる。

そして緊急時の連絡方法はFAXとメールで行うことになる。

早見さん健診の日。

サクラは筆談を忘れて、ついつい口でしゃべってしまう。

その都度紙にもう一度書くという二度手間になってしまい、早見さんもちょっと困り顔。

内診の時も、カーテンの向こうのサクラが所見を紙に書いてそれを小松に渡し、小松が速水さんに見せるという、妙な間が空いていしまう。

赤ちゃんが元気な事が分かって嬉しそうな早見さん。

しかし終わり際にまたもやサクラは、伝達事項を口頭で行ってしまうミス。

しかも今度は紙が見当たらない!

うつむいてしまう早見さん。

耳が聞こえない妊婦さんが初めてのサクラと小松。

相談して、小松の知り合いの助産師、武田に聞いてみることに。

武田には、サクラも研修医時代にお世話になっている。

食事をしながら話している小松とサクラと武田。

武田が、耳が聞こえない妊婦さんを診る時の注意点を話してくれる。

・ろう者の人は口元や表情を見て話をするから、出来るだけ目を見て話してあげる。

・内診のときはカーテンで医者の姿が見えないから、カーテンを閉めないか聞く。

・そこの不安は助産師がフォローする。

これくらい。後はいつも通り。

一番大事なのは、サクラや小松がいつもしているように、妊婦さんの気持ちに寄りそってあげること。

そうしたらそれは相手にも伝わる。

次の早見さんの健診の時、サクラと小松はホワイトボードを2枚用意する。

1枚を早見さんに渡すと、早見さんはキョトンとしている。

サクラのボードには

”このボードで一緒に筆談をしましょう!!”

そして早見さんがサラサラとボードに書き出した。

そのボードには

”ありがとうございます!”

早見さん、にっこり。

–191話ここまで

コウノドリ 192話へ続く


スポンサーリンク