—-

凡田夏之介か印西か。

地元開幕投手はどっち?

—-

 


スポンサーリンク


 

仙台ゴールデンカップスにFA移籍した夏之介。

三人の子宝に恵まれ、奥さんは美人で気立てが良くて、幸せな家庭。

 

お金の話。

夏之介の移籍の条件は

3年4.5億。

単年で1.5億

しかし、初年度の年俸は前チームの年俸と同額(9500万)

ルール上それ以上に設定できない。

夏之介はFAに際して、4750万円の契約金をゴールデンカップスからもらった。

(契約金は慣例として新年俸の半分を上限とすることが多い。)

つまり夏之介が1年目に手に出来る金額の合計は

9500+4750=1億4250万

残り3億と750万をあとの2年に分けてもらい切るということになる。

 

自宅の高層マンションのベランダから仙台の街を見渡す夏之介。

山梨→東京→仙台と、思えば遠くに来たもんだ。

 

2軍でバッティングピッチャーをしている夏之介。

なんと、2軍でもパカスカ打たれている。

 

徳永コーチと向井監督は引いてしまっている。

二軍選手相手のバッティングピッチャーでそんなに気持ちよく打たせなくてもいいというのだが・・・

 


スポンサーリンク


夏之介も、打たせようと思って投げているわけではない。

 

オープン戦では結果を出している夏之介だが

チームメイト相手だと本当によく打たれる。

 

夏之介の感想・・

対戦しているのがチームメイトだけだからまだよくわからないけど・・・

(パリーグの人、よく打つなぁ・・)

 

向井と徳永は開幕4番手投手を誰にするか話し合う。

つまり、地元の開幕投手である。

印西か・・凡田か。

 

徳永が、

「夏之介・・・

パリーグで上手くやっていけるかなあ・・」

と不安を口にする。

 

オープン戦では、結果を出しているが、

それはセリーグ相手で、しかも古巣(スパイダースとモップス)

ガチガチは真剣勝負と言う感じではなかった。

 

監督としては、

千葉マリンスタジアムの本チャンの開幕戦も勝ちたいが、

地元の1戦目も絶対勝ちたい。

正直、勝てる可能性が1%でも高い方を選びたい。

 

徳永はやや弱気。

4戦目は印西、5戦目は凡田

のほうが無難な気がすると言う。

 

監督は、2歳若い凡田に行ってもらいたいらしい。

来週のオックス戦(パリーグ)で凡田を試すという。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク