前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

東大専科がセンター試験の過去問をやっている・・・

噂を聞きつけた教師たちが集まって立ち話。

古くからいて桜木を知っている人は期待感をもって話しているが

新しい先生たちは否定的。

旧校舎組 VS 新校舎組の図式が出来上がりつつあった。

高原教頭は不安を覚える。

 

さて、センター試験の問題を解き終わって・・・

早瀬と天野は全然できなかったことを気にしている。

水野が今は出来なくてもいい、

出来ないところを知るためにやっているんだからと言っても

やっぱり気にしてしまう二人。

そして早瀬が

「やっぱりやめます。」

と言って帰ってしまった!

 

 

ここから12話

 

 

早瀬が帰ってしまい、呆然と立ちつくす水野。

我に返り、天野に話しかける。

大丈夫。

早瀬さんは戻ってくる。

「天野君は続けるわよね。」

天野「ええ・・」


スポンサーリンク


 

胸をなでおろす水野。

二人ともやめたら責任問われる。

 

水野はもう一度天野に確認する。

今回センター試験にトライしたのは、

自分の現在の学力を知り、

今後どうやって上げていくか

具体的な改善策を立てるため。

「明日、必ずこの教室に来てね。

まずは一緒に得点計算しよう。」

 

天野「はい。」

 

 

学校を出て駅に向かう早瀬。

やっぱり自分には東大なんて無理・・

と思い、東大専科に行ったことを後悔している。

友達も引いちゃってたし、

いつもこう。

思いつきで始めて、すぐに飽きてやめちゃうパターン。

もともと東大ってキャラじゃない。

何を勘違いしていたのか。

いつまでたってもダメな私・・・

 

早瀬、自宅に到着。

自宅はちゃんこ屋。

和服を着たお母さんがおかえりを言ってくれる。

お店に学校の理事の方が来ているという。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク