前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

不安を抱えながら、京都にいる龍之介のもとへ向かう小春。

ホテルに着いて顔を出した龍之介はゾンビ状態。

1週間もしてなかったので龍之介の性欲が爆発!

その夜はAM3時まで続いたのでした・・・

 

 

ここから164話

 

朝。

ホテルのベッドで寝ている龍と小春。

小春が先に起きた。

鏡を見て・・

(久しぶりに

いっぱいしたなぁ・・・)

思い出して赤くなる。

 

ベッドに腰掛けて歯を磨く。

なんかもう、電話の相手とかどうでもよくなってきた。

そもそも龍は仕事で京都に来てるんだし。

 

龍が起きた。

ゆずから預かって来た封筒を渡す。

開けてみると・・・

中身は何と、大人の本!

喜ぶ龍之介。

がっくりくる小春。

こんなもののためにあたしはわざわざ京都まで・・・

 

龍は熱心に読んでる。

なかなか凄い内容。

なんか、ムラムラしてきた・・・


スポンサーリンク


 

これ以上付き合わされてはたまらない小春。

さっさと本をしまってご飯を食べに行く。

 

 

龍は今日オフ。

二人でデートの計画を立てる。

小春は清水寺とか金閣寺に行きたいが・・

龍が却下。

人が多い。

龍は有名人だから・・・

小春
「あっそーだ!」

 

小春が思いついた先は・・・

鴨川。

懐かしい。

修学旅行以来。

巨大なケーキの置物を見つけて駆け寄る。

楽しそうな小春の笑顔が弾ける。

 

二人で腰かけて鴨川の流れを見ていると

 

ヴーヴー

 

龍之介の携帯に着信。

席を外して話す龍。

 

不安顔の小春。

 

龍が戻って来て

「なーんか疑ってるでしょ。」

 

小春はうろたえて

疑ってないと主張するも、しどろもどろ。

 

マネージャーからだったらしい。

今日は嫁とデートだから邪魔すんなって言っといた。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク