前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

カナタのアカデミーでの師匠は藤原拓海。

藤原拓海のイギリスでの実績が明らかになる。

20歳でイギリスに渡り、活躍した。

WRCフル参戦のシートを獲得するまでは順調だった。

しかしアクシデントが発生。

シーズン開幕直前のマシンテストでドライブシャフトが破損。
マシンと共に谷底へ。
怪我で競技生活を断念。

そのご消息不明になっていたが、10年以上経った今名前が聞けた。

心配していた小柏カイは藤原が生きていることを知って涙ぐむ。

 

レースでは熾烈なトップ争いが繰り広げられていた。

石神の後ろにピッタリとついていたベッケンバウアー。

石神の事をロートルと切り捨てる。

何もかもが残念。

 

ここから26話

 

 

石神のカレラにベッケンバウアーのケイマンが並んだ!

カーブの連続。

石神は踏むべき所で踏めていない。

ベッケンバウアー
(ヨーロッパのレースなら


スポンサーリンク


10歳の子供でもそこでアクセルを踏み抜くぜ・・)

 

 

ガッシャァ

 

ベッケンバウアーは車体をカレラにぶつける!

ベッケンバウアー
(カレラGT3の敗北ではない・・

あなたが弱いだけだよイシガミ・・)

 

石神ついに陥落!

先頭が入れ替わった!

 

小柏カイが解説する。

・鮮やかなパッシングだった。

・一瞬にしてベッケンバウアーがギヤを切り替えた。

・石神君のわずかなスキをついてブレーキングで外から仕掛けた。

・2台並走したまま一つ目のコーナーをクリア

・次のコーナへのアプローチの際に、
相手のスペースを奪うため、ベッケンバウアーが意図的にマシンを接触させた。

・石神君はラインを作れずに万事休す。

・まるでドイツのツーリングカー選手権のD・T・Mを見ているかのようなワンシーン。

・マシンを接触させることに何の抵抗も感じないのはシミュレーター世代の特徴。

・ローカルレースのMFGにおいてベッケンバウアーの存在は規格外。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク