二人組の警察官が帰った後の種部家。

種部健悟は自室に閉じこもってしまう。

事情が分からずに、両親が息子に説明を求めるも、種部は応じない。

両親は、橘さんのお嬢さんとはうまくっていると聞いていた。

 


スポンサーリンク


 

種部は警察の話を思い出す。

・被害者からの通報で、多数のストーカー規制法に抵触する行為が確認できた。

・よって今後、同様の行為がなされた場合、逮捕と言う可能性があります。

 

種部、こぶしを握り締める

「あのアマァァァァ!!」

 

 

橘家。

都樹子、藤井父、陽菜、ルイがリビングに集まっている。

 

陽菜が警察から電話で状況を説明してもらった。

これで一安心。

 

都樹子は陽菜に謝る。

先方の人柄を知らなかったとはいえ、本当に申し訳なかった。

 

陽菜は、母親に責任を感じて欲しくない。

母さんが悪いんじゃないから・・・

 

でもまだ油断はできない。

しばらくはタクシーで帰ってくるよう、都樹子&藤井父に言われる。

お金なら出してあげるから。

 

陽菜は素直に受け入れる。

この間も危ないところを夏生くんに助けてもらったから・・・

 

この言葉を聞いてルイは誇らしげな表情。

 

 

種部家の近所。

主婦が集まって噂話。

昨日の夜、種部さんの所に警察が来てた。

何かあったのかしら・・・

 

種部の母親が息子の職場に電話している。

本人の体調がすぐれないようなので今日はお休みをいただきたい。


スポンサーリンク


 

本人はパソコンの画面を見て泣いている。

画面にはストーカー容疑で逮捕された教職員の記事。

懲戒免職。

自分もこうなる・・・

俺が今まで積み上げてきたものがっ・・・!

うぐっうぐっ・・・

嗚咽を上げて泣く。

 

 

陽菜の職場。

陽菜は完全に明るさを取り戻している。

社長も解決を喜んで、これから頑張ってと声をかけてもらえた。

 

あれから1週間経って何もないと聞いて・・

先輩達も一安心。

陽菜
「こんな事ならもっと早めに相談に行けばよかったです。」

薄野先輩
「そーよー。

こういう時のために高い税金払ってんだからさ。」

 

芹沢雅が美容院でイメチェンしている。

だいぶ雰囲気が変わった。

美容師に、イメチェンして真っ先に見せたい相手を聞かれて・・

夏生を思い浮かべる雅。

 

 

ルイの職場。

ルイは梶田と共に夜のビシソワーズの準備中。

ビシソワーズはなかなか評判がいい。

うちのは他所より丁寧に裏ごししていて口当たりがいいから。

 

ルイ
「でも・・

なんかちょっと見た目が寂しいわね。」

彩的に地味。

 

梶田が、じゃあラディッシュでもつけるか?

と言って、包丁で器用に星抜きのラディッシュを作ってみせる。

 

ルイが感動。

これが料亭で習ったってやつ?

すごい。

キレー!

まさに職人技。

 

褒められて梶田もまんざらでもなさそう。

他の技も披露する。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク