前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

センター試験の問題が全然できなかった早瀬。

もう東大専科をやめるといって、帰ってしまった!

実家のちゃんこ屋に帰ると、桜木が来ていた。

早瀬と二人きりで話す桜木。

桜木は、早瀬は幸運だという。

・家は両国の老舗のちゃんこ料理屋で商売はん盛。

・家庭は円満でこれ以上ない幸運な家庭環境。

・つまり、生まれながらにして幸運をつかんでいる。

しかしその幸運を自覚していない早瀬。

そんな早瀬に向かって桜木は

このままだとお前、一生幸せにはなれないぞ!

 

 

ここから13話

 

 

桜木に、このままでは幸せになれないといわれてしまった早瀬。

心の中で反論する。

・なぜそんなことを言われなくてはならない?


スポンサーリンク


・そもそも価値観は人によって違う。

・幸せはこれって、ひとまとめには言えないはず。

 

しかし早瀬のそんな疑問を桜木は打ち砕く。

桜木
「幸せとは・・・

金と健康だよ。」

 

毎月の収支が赤字にならない安定的な所得があること。

ケガや病気をせず、心身ともに健康であること。

この二つが満たされていれば

人は大体幸せを感じられる。

 

早瀬の反論

お金があって健康でも、

いやなことを我慢していては幸せではない。

 

桜木
「金がなくて持病がある人に比べたらどうってことない。」

金がなくて、健康ではないこと・・

この二つは嫌なことを我慢するよりよほどつらい。

 

いっていることはわかるが・・

今一つ納得いっていない様子の早瀬。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク