前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

1989年6月24日、佐野がひっしに中止を呼び掛けたが、

お泊り会は行われる。

警備として会場で目を光らせる佐野。

その日、結局事件は起きなかった。

しかし翌日になって子供たちが次つぎに倒れた。

その後の調べで、牛乳に青酸カリが入れられていたことがわかった。

疑われたのは佐野。

佐野の家から青酸カリが押収された。
 
佐野は、なぜ自宅から青酸カリが出てきたのかわからないという。

 

心がまだ例の絵を見せていないうちに時間が来てしまった。

去り際、この前鈴が来たと佐野が叫んだ。

今度赤ちゃんが産まれるらしい。

今度来た時に鈴の住所を教えるから会いに行くといいと言って、佐野は出ていった。

 

お泊り会の朝。

お泊り会の案内の校内放送が学校に響く。

生徒たちには聞き覚えのある声。

校門の陰には佐々木紀子の姿があった。

 

 

ここから40話

 

 

拘置所を出る際、心は刑務官にあいさつをする。

刑務官は差し入れに関するアドバイスをしてくれる。

札幌ももうじき暑くなるので服や下着は喜ばれると思いますよ。

 

にぎやかな札幌の街を歩く心。

妊婦を描いた絵を思い浮かべる。

(あの絵は・・姉ちゃん?)

 

心はマンガ喫茶に行く。


スポンサーリンク


そして周りを気にしながら大判の紙をコピーしている。

※送られてきた絵。

ネットで音臼小の事件に関して調べる。

すると、犠牲になった被害者が前と違っていることに気づく。

鈴の下の学年の子たちや、OBの子たちが新しく犠牲になっている。

その代わりに・・

心が受け持ったクラスの佐藤や藤崎名前がなくなっている。

さつき先生もしなずにすんだ。

18人の重軽傷者の名前が載っているような情報はない。

 

佐野文吾の長女についてという見出しの記事もあった。

お泊り会で長女を見かけたという証言があった・・

 

心は改めて思う

本当に・・・姉ちゃんは無関係なのか・・?

 

 

心は再び佐野に面会に行った。

刑務官のアドバイス通り下着類を持って行くと、

佐野はとても喜んだ。

下着類と一緒に送られてきた絵のコピーも入れておいた。

 

心が絵について説明する。

自宅に送られ続けているもの。

目的はわからない。

 

佐野は、あれと似たような絵を昔見たことがあるという。

明音ちゃんの時の風速計の絵に似ている。

 

心も同意。

 

消印を見ると、札幌の東区から出されている。

一番古いものは2015年8月1日

送る日に決まりはなく、不定期。

筆跡を隠そうとしているのか、宛名は定規で書かれている。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク