前回のあらすじ

 

バイヨン卿からジリアンを取り戻したナイジェルたち。

深手を負ったジリアンを治療すべく、安全な場所へ向かう。


スポンサーリンク


しかしバイヨン卿は密かに彼らをつけていた。

彼らにとって安全な場所=本拠地。

そこに首謀者もいると踏んで。

 
レウウィス大公にゲームを持ち掛けたエマ。

レウウィス大公はかつてルーカスとした会話を思い出す。

目の前に斧を構えて立っているルーカスに対し、レウウィス大公は

自らの弱点(顔の中心)を教え、

仮面を取り、

武器を与え、

仲間(オジサン)を呼ぶ時間を与た(15分)。

そこまでする理由・・・

スリルを味わいたいから。

 

むかしをおもい出したレウウィス大公は笑う。

レウウィス大公はエマの目的は総攻撃で、今はそのための時間稼ぎであることを見抜く。

そして今回も、10分間待つことにする。

 

一方バイヨン卿は、ナイジェルたちが入っていった地下壕に自らも入っていった。

その地下壕ではオリバーやナイジェルたちが武器を持って待ち構えていた。

ルーカスの合図でバイヨン卿に向けて銃撃するオリバーとナイジェル。

 

 

ここから84話

 

 

時は少し遡る・・・

ザックとペペがバイヨン卿と戦っている場面。

二人がバイヨン卿に毒の弾を打ち込んでも全く効かない。

それにどうやらこちらの手の内をすべて読まれているようだ。

作戦変更。

ザックはぺぺをオリバーのもとへ伝令に走らせる。

「お前はこの銃と弾を持ってオリバーのところへ行け。

そしてこの状況とアイツの狙いを知らせるんだ。


スポンサーリンク


それだけでオリバーならわかる。」

それであいつを討ち果たせる。

 

エマとオリバーのもとへ到着したペペ。

言われた通り状況を説明し、オリバーとペペはそれぞれの目的をもって走り出す。

 

 

風車下の抜け穴は、森の5つの出口と繋がっている・・

敵に知られてはならない。

しかし、待ち構えたうえで呼び込んだなら・・

 

 

そして現在。

地下壕にバイヨン卿を呼び込み、奇襲に成功した。

ルーカス
「今だ!オリバー、ナイジェル!!」

まずナイジェルが閃光弾!

これでバイヨン卿の位置を把握。

オリバーが確実にバイヨン卿の仮面を撃ち砕いた!!

すかさずナイジェルがバイヨン卿の顔面めがけて3発発砲!!

そして命中!

バイヨン卿は・・・

 

 

森の中ではバイヨン卿を足止めしようとしたザックが血を流して倒れている。

そしてジリアンも重傷を負っている。

 

 

バイヨン卿が過去を振り返る。

まずは1000年前のあの約束。

”人間を狩らない”

農園を作る。

そこで人間を養殖する。

異論は認められなかった。

「これは○○のご意志である。」

 

800年前、レウウィス大公がバイヨン卿に話している。

「皮肉なものだね。

今や君が12の農園の責任者か。

あの君がねえ・・・」

 
根っからの狩り好きのバイヨン卿。

レウウィス大公
「血が騒いだりしないかね。」

バイヨン卿
「騒ぎますが・・・」

どうすることもない。

守らねばならない世界間の協定。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク