前回のあらすじ

 

ゲームは栗林中心に動くが・・

チームメイトの動きに不満がある様子の栗林。

そこに気付いたアシトは、

自分が栗林なら、自分にどこにいて欲しいかと考えて動く。

 


スポンサーリンク


 

そして試合終了間際。

栗林には追加点を取るプランがあったが、皆が思い通りに動いてくれないので諦めかけていた。

その時!

栗林が考えていたところにアシトが飛び込んできた!

その瞬間、栗林は動き出した!

 

 

ここから136話

 

山田がボールを奪った。

蹴り出せばそれで試合終了。

しかしアシトの動きを見た栗林が相手ゴール向かって走り出している。

栗林
(あそこに1人はいるだけで・・

カウンターの起点になれる。)

 

アシト
「ボールッッ!!!」

 

山田はアシトにパス!


スポンサーリンク


アシト、ここは勝負所!

(軸足を飛ばす方向に向け、ボールの中心を叩くように・・!!)

 

走っている栗林にロングパス!!

栗林は背面トラップでボールを受けて相手ゴールへ向かってドリブル!!

守備は1枚!!

 

柏商の応援席は絶叫する。

やめろー!!

止めて止めてーー!!

 

栗林についた柏商の選手は落ち着いていた。

最悪なのは無理に取りに行って抜かれること。

やや離れて栗林の動きを止める。

 

この場面、栗林はもう一人欲しかった。

自分のイメージ通りに動いてくれる奴が。

さすがに贅沢か・・

と諦めかけたその時!!

 

「栗ー!!」

 

阿久津が全力で走って来た!!

やはり他の選手より反応が速かった。

柏商の選手たちが戻るのより早い!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク