前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

心は、送られてきている絵を佐野に見せる。

妊婦の絵は鈴を描いたものじゃないかと言う意見で2人は一致。

鈴も封筒の消印と同じ札幌市東区に住んでいる。

心は鈴のマンションを訪ねてみることにする。

 

 

ここから41話

 

 

鈴の住所のマンションの玄関前に立っている心。

チャイムを押す。

 

はい

 

返事があった。

心は名前を名乗って鈴がいるか尋ねると、いないという。

 

仕方がないので帰る。

歩きながら、佐野が言っていたことを思い出す。

最初対面した時鈴と分からなかったというのだ。


スポンサーリンク


年齢のせいなのか・・・

 

その時、「心?」と呼びかける女性の声がした。

見ると鈴だった。

しかし何となく違和感・・・

年齢のせいと言うよりは、鈴は何だか別人になったような・・

 

鈴は心に駆け寄って抱きついた。

「大きくなったね・・・!

心・・!」

二人は路地裏に移動して話すことに。

 

鈴は涙を流している。

ずっと心配していた。

会いたかった。

 

鈴は心を施設において姿を消したことを謝る。

そうするしかなかった。

私は憎まれていたから。

心を巻き添えにしたくなかった。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク