カナタと恋が鎌倉の八幡様に来ていた。

カナタの父親を探すためだ。

手掛かりは1枚の写真。

撮られたのが鎌倉だという事はわかっている。

背景に神社らしきものが写っているので、鎌倉の神社を片っ端から当たってみるつもり。

とりあえず八幡様ではなかった。
 
 


スポンサーリンク


 
 

手掛かりは写真だけなのだが、背景に目印になるようなものが少ししか写っていたない。

鎌倉には神社は沢山ある。

カナタ曰く、ストレスフルな写真・・

しかし、鎌倉の街を歩いていると不思議な気持ちになるというカナタ。

両親がティーンエージャーだった頃に過ごした街。

この町で一緒に暮らして、自分が生まれた。

とてもスウィートで、切ない気持ちになる・・・

カナタは鎌倉を心の故郷みたいなものと表現する。

それを聞いて恋はしんみりした気持ちになる。

せっかくなのでお詣りして帰る二人。

街の中を歩いていると、女の子たちはみんなかっこいいカナタを振り返ってみる。

独占欲が強い恋は”カナタをみちゃだめ~”と心の中でつぶやく。

 

喫茶店に入って一休みする二人。

カナタはアルバイトを探して西園寺家を出ると言い出す。

優しくしてくれるのは嬉しいが、やっぱり好意に甘えるわけにはいかないと、真面目なカナタ。

これは恋にとっては一大事!


スポンサーリンク


ひっしに引き留めにかかる。

そんなこと言ったらママががっかりするよ~

と、母親をだしに使う。

ママはホントは男の子が生みたかったと。

最近肌の色つやがいいし、目だって輝いてる。

たぶん理想の息子だと思ってるよ~

と、一気にしゃべる。

褒められすぎて真っ赤になるカナタ・・・

予選6日目。

MFG会場。

ランボルギーニが走っている!!

カーナンバー3

ランボルギーニ ウラカン LP610-4(改)

ドライバーは大石大吾(25)

ペースが上がっていない様子。

車の不調ではない。

アクセルが踏めていないのだ。

大石が、細かいコーナーが続くコースに対応しきれていない。

(もうワンサイズアップグレードのタイヤさえあれば・・・)

グリップウェイトレシオを呪う大石。

コストをかけて軽量化しても細いタイヤを履かされてしまうのだ。

MFG・・・

エントリー総数300を超える。

その中から決勝に進めるのは15台。

その15台はMFGフリークの間では

”神フィフティーン”

と呼ばれる。

——5話ここまで。

エムエフゴースト 6話に続く

〇感想

恋の恋がかわいいな。

まだ始まったばかりの、片想いの恋。

恋が一生懸命なのが伝わってきます。

次回あたりカナタのレースが始まるかな?

来週は休載のようですが。


スポンサーリンク