シリーズ難聴後編

 

 


スポンサーリンク


 

小松と山下ジョージがレストランでデート中。

サリーの事を話題にしている。

サリーと山下は友人同士。

サリーが妊娠中なのも知っていた。

 

小松が出勤する時間。

山下は伝票を手に席を立ち

「一緒に行こう・・・

連れていく。」

 

 

レコーディング中のサリーとベイビー。

サリーが耳の不調を訴える。

朝起きてから片耳が耳鳴りがして聞こえにくいという。

 

ベイビーは、今から病院で診てもらった方がいいという。

「もしかしたら突発性難聴かもしれない。」

もし、突発性難聴なら、発症して2週間以上放っておくと治療になんのうしづらくなる。

 

妊娠のせいかなと考え込むサリーに

ベイビー
「いや、突発性難聴は原因が分かっていないんだ。

だから妊娠が原因とは言えないよ。」


スポンサーリンク


サリー
「ベイビーって・・

産科医じゃなくて耳鼻科医?」

 

サリーがどの病院に行けばいいかわからないというので、

ベイビーは産科も耳鼻科もあるペルソナを紹介する。

 

ケンタロウの運転でペルソナに向かう3人。

サリーは、耳の治療が赤ちゃんに影響しないか心配している。

 

ベイビーが説明してあげる。

・突発性難聴ならステロイド剤の治療がメインになる。

・ステロイドは元々体の中で作られているホルモン。
炎症を抑える作用がある。
妊娠中の女性も肌のトラブルで塗り薬で使う。
注射薬なんかは早産になる可能性の高い赤ちゃんを成長させるために使われることもある。

・ただ、感染症にかかりやすくなったり、血糖が上がったりすることもあるので妊婦には慎重な投与が必要。

 

サリー
「ベイビー 薬剤師でしょ。」

ケンタロウはニヤニヤしている。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク