前回のあらすじ

 

早瀬に、このままじゃ幸せになれないと言い切る桜木。

なぜなら・・

幸せとは金と健康。

この二つがあれば大体幸せ。


スポンサーリンク


早瀬は、健康面は問題なさそう。

ただ、このままいくと、早瀬は将来金のない生活を送ることになる。

それは自分の幸運に気づいていないから。

そういう人間は一生自分探しをして転職を繰り返す人生になる。

人生を台無しにしたくなかったら自分の運を活かすこと。

素直に運を利用しろ。

 

早瀬は桜木の言葉に乗って翌日東大専科に行って自己採点をする。

(天野は来なかった)

すると思いのほかできていることに気をよくする。

 

 

ここから14話

 

 

早瀬、センター試験の自己採点。

意外とできててテンションが上がってくる。

(あれ・・・私意外とイケてるかも!)

 

早瀬の様子を見ている水野。

嬉しそうな様子に水野もホッとする。

実は水野は昨夜こっそり二人のテストを採点してみた。


スポンサーリンク


すると早瀬は意外と好得点だった。

 

 

その日の朝。

天野家。

今日は学校休みと嘘をつく天野。

母親が心配して新しい担任の名前を聞く。

水野先生・・・

聞いたことないけど・・

新しい先生。

 

母親は心配になる。

3年生の担任に新しい先生?

大丈夫なの?

 

天野は鬱陶しくなって家を出る。

 

 

早瀬の合計得点が出た。

394点!

2年の3月では十分好成績!

喜ぶ早瀬。

 

適当に答えたところもいっぱいあったけど・・・

 

しっかり点数に繋がったのは、ちゃんと全問マークしたから。

マークしなければゼロ。

マークすれば適当でも1/4で正解する。

マークをすればラッキーも生まれる。

これは受験の鉄則。

 

早瀬
「ああ・・

よかったぁ・・

私ツイてる。」

 

水野も同感。

 

自分がやめたから天野もやめたと思っている早瀬。

早瀬は天野に戻ってくるようメッセージを送る。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク